まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
おぞましい二人
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おぞましい二人

  • 絵本
作: エドワード・ゴーリー
訳: 柴田 元幸
出版社: 河出書房新社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年12月
ISBN: 9784309268002

B5/68ページ

関連するスペシャルコンテンツ


翻訳者 柴田元幸さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

実話を元にした、子供を誘拐して殺してしまう「忌まわしいカップル」の物語。ゴーリー最大の問題作!? 人生はかくも過酷なものである、としみじみする異色の一冊。

おぞましい二人

ベストレビュー

怖い絵本です

殺人犯のお話です。幼い子供に読ませるものではないように思います。
先にエドワードゴーリーについて知らなかったら、なんでこんなことを絵本にするのかと怒っていたかもしれませんが、そうは思いませんでした。大人が読むにはいいと思います。ただ、苦しい気持ちになります。
(じっこさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エドワード・ゴーリーさんのその他の作品

ぼくたちが越してきた日からそいつはそこにいた / キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科 / むしのほん / 蟲の神 / 悪いことをして罰があたった子どもたちの話 / 輝ける鼻のどんぐ

柴田 元幸さんのその他の作品

改訂増補新版 エドワード・ゴーリーの世界 / サンセット・パーク /  / 『ハックルベリー・フィンの冒けん』をめぐる冒けん / わたしの兄の本  / 本の子


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 絵画・彫刻 > おぞましい二人

中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

おぞましい二人

みんなの声(8人)

絵本の評価(2.67

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 8

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット