あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
蒼い時
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

蒼い時

  • 絵本
作: エドワード・ゴーリー
訳: 柴田 元幸
出版社: 河出書房新社

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「蒼い時」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2001年10月
ISBN: 9784309265025

B5変形/40ページ

関連するスペシャルコンテンツ


翻訳者 柴田元幸さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

「生きることじゃなくて、生きてもらうことが大事なんだ」旅嫌いのゴーリーが唯一遠出したときの思い出を、2匹の犬(もどき?)に託して語る摩訶不思議な物語。珍しく可愛いお話です。

蒼い時

ベストレビュー

何度も読み返したい

ひょんなことからゴーリーという作家を知って、こちらでためし読みさせていただきました。

見開きのページの左側に原文、右側に翻訳とイラストという構成で成り立っています。1ページ1ページが独立してる詩のようにも思いますし、旅の一ページ一ページの場面のようにも思います。

一つ一つの文章は哲学的で難解ですが、あとがきにあるように、なんとなくわかる気がするような気持ちになります。本当はきちんと理解などしてないのかもしれませんが。。
読むたび読むたび、自分を取り巻く環境や感情によって文章の捉え方も違うのではないかと思います。
私は今、入院と退院を繰り返している身ですが、今だからこそ手元に置いて何度も何度も読み返したいと思いました。
(きゃべつさん 40代・ママ 男の子14歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

エドワード・ゴーリーさんのその他の作品

ぼくたちが越してきた日からそいつはそこにいた / キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科 / むしのほん / 蟲の神 / 悪いことをして罰があたった子どもたちの話 / 輝ける鼻のどんぐ

柴田 元幸さんのその他の作品

わたしの兄の本  / 本の子 / モービー・ディック・イン・ピクチャーズ 全ページイラスト集 / 木に持ちあげられた家 / MONKEY vol.3 特集:こわい絵本 / ジャンブリーズ



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

蒼い時

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット