虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
悪いことをして罰があたった子どもたちの話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

悪いことをして罰があたった子どもたちの話

  • 絵本
絵: エドワード・ゴーリー
文: ヒレア・ベロック
訳: 柴田 元幸
出版社: 河出書房新社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年12月
ISBN: 9784309272245

B5変形/80ページ

関連するスペシャルコンテンツ


翻訳者 柴田元幸さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

あなたもわたしもだれだってなにかしてます悪いこと――悪いことをした子どもには残酷な運命が待つという訓話を、ゴーリー風味で味つけした素晴らしくも哀しいものがたり。

悪いことをして罰があたった子どもたちの話

ベストレビュー

子どものうそ いたずら こんなに罰があたったのは 怖いね〜

ゴーリーは1925年シカゴ生まれ
 
このお話に登場する子どもたち
乳母の手を離して ライオンに食われて死んだ・・・・ こんな怖いー(子どもなんて 言うこと聞かないことは多いんですが・・・)
こうも残酷に 罰があたるのは怖すぎる

○紐を飲み込んで 苦しんで死んだ ヘンリー
○うそをついて 焼け死んだ マチルダ 
○泥遊びして 伯父さんに懲らしめられた子ども 伯父さんの懲らしめようが あまりにも 虐待的で怖いな〜

○ 挨拶もしない 高慢な子どもだと 大人が おとしめた話

○弾入りの中で遊ぶ子どもを叱る 父は正しいと思うんですが・・・

○自動車を怖がる男の子 この時代の自動車は  排気ガスの煙が黒くて怖く見えた男の子  なんだか 時代が違いますが

子どもはいたずらしますがね それを教えるのは 大人の役目ですね

大人も うそつくし 悪いこともしますから この絵本は 大人への教訓でもありますね

まあ ごらんあれ  
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エドワード・ゴーリーさんのその他の作品

ぼくたちが越してきた日からそいつはそこにいた / キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科 / むしのほん / 蟲の神 / 輝ける鼻のどんぐ / ジャンブリーズ

柴田 元幸さんのその他の作品

わたしの兄の本  / 本の子 / モービー・ディック・イン・ピクチャーズ 全ページイラスト集 / 木に持ちあげられた家 / MONKEY vol.3 特集:こわい絵本 / ふつうに学校にいくふつうの日



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

悪いことをして罰があたった子どもたちの話

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット