話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
イップとヤネケ

イップとヤネケ

  • 児童書
作: アニー・M.G.シュミット
絵: フィープ・ヴェステンドルプ
訳: 西村 由美
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,860 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784001155730

小学1.2年から
A5・上製・カバー・190頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

イップとヤネケは,お隣どうしで,大の仲よし.垣根の穴から行き来して,今日も二人で,朝から晩まで遊びます.オランダの国際アンデルセン賞作家による,素朴で楽しいお話.影絵のようなイラストが印象的.

ベストレビュー

1話ずつ読んでも、一気に読んでも。

イップとヤネケのお話は、先に、「イップとヤネケ シンタクラースがやってくる」を読みました。
イップは男の子。
ヤネケは女の子。
2人はお隣どうしで、毎日遊んだり、お家の手伝いをしたり、いたずらしたりします。
2人の日常の一コマが、短いお話で色々と楽しめます。
1話ずつ読んでもいいし、一気に読んでもいい。
ほのぼのしていて、クスッと笑えて、癒されます。
挿絵もとてもかわいいです。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子13歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アニー・M.G.シュミットさんのその他の作品

パン屋のこびととハリネズミ ふしぎな11のおとぎ話 / 岩波少年文庫 アーベルチェとふたりのラウラ / イップとヤネケ シンタクラースがやってくる! / 岩波少年文庫 アーベルチェの冒険

フィープ・ヴェステンドルプさんのその他の作品

ピムとポム しんぶんにのりたい / ねこのえんそうかい / ピムとポム ふたごがきた

西村 由美さんのその他の作品

岩波少年文庫 かくれ家のアンネ・フランク / 岩波少年文庫 青い月の石 / 犬とおばあさんのちえくらべ 動物たちの9つのお話 / 踊る光 / 15の夏を抱きしめて / 岩波少年文庫 七つのわかれ道の秘密 上



2月の新刊&オススメ絵本情報

イップとヤネケ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット