話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
おうさまのくつ
  • ちょっとためしよみ

おうさまのくつ

  • 絵本
文: ヘレン・ビル
絵: ルイス・スロボドキン
訳: こみや ゆう
出版社: 瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年12月01日
ISBN: 9784907613082

3歳〜


バナーをクリックすると瑞雲舎のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

昔、ある町の靴屋がとても立派な靴を作りました。見た人みんながあんまり褒めるもので、靴はすっかりうぬぼれやになってしまいました。
ある日のこと、うぬぼれやの靴は、靴屋を抜け出してお城に向かいました。
ところが、途中で突然大雨が降ってきて、うぬぼれやの靴は泥だらけになってしまいました。
そして、泥だらけのままお城の中へ入っていったのですから、さあ大変!!
うぬぼれやの靴は、願いどおり王様の靴になることができたでしょうか?

おうさまのくつ

おうさまのくつ

ベストレビュー

彼らの第二の人生に笑っていましたが、・・・・・・

ルイス・ストロボキンさん(1903〜1980年)の絵の1956年の作品のようです。

「がちょうのペチューニア」や「ごきげんなライオン」のロジャー・デュポワザンさん(1904〜1980年)と同様、1950〜60年代にアメリカで活躍された方です。

お二方の絵は、色数が少ないのですが、あたたかく柔らかく優しい感じを受けます。

国は違いますが、イギリスのウイリアム・ニコルさんの「かしこい(おりこうな)ビル」にも共通したものを感じます。

このお話は、ある町の靴屋の主人が、会心の靴を作りました。
国中で一番上等な皮を使い、細かい模様が刺繍され、金色に輝くまで磨き上げられたその靴は、すうぬぼれやになってしまいました。

右足と左足の靴が会話し始めるのが愉快です。
彼らは、自分たちが、お城の王様にピッタリだと決め込み、靴屋を抜け出し、お城へ向かいます。

この後の靴の狼藉ぶりに、ビックリします。
しまいには、王様までも怖がらせて、・・・・・・。

古汚い靴になってしまったこの靴を、作った靴屋さんも気づかず部屋の隅のごみ山へぽいっと振り捨て、・・・・・・。

あらあら大変と思ったら、彼らにも第二の人生が・・・・・・。
ここで笑っていましたが、さらに幸せな結末が待っていました。

いやぁ〜、うまいお話の筋だな〜と思わず声が出てしまいました。
ヘレン・ビルさんの他のお話も読んでみたいと思いました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルイス・スロボドキンさんのその他の作品

ごめんなさい! だいじょうぶ! / ひろい ひろい ひろい せかいに / ヤナギ通りのおばけやしき / 物語 たくさんのお月さま / カルペパー一家のおはなし / さかさ町

こみや ゆうさんのその他の作品

おばけのジョージー メリーメリークリスマス! / ボートやの くまさん / しょうぼうしの くまさん / これが ぼくらに ぴったり! / 4さいのこどもって、なにがすき? / おばけのジョージー とびだした けいとだま



【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

おうさまのくつ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット