まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ろじうらの伝説
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ろじうらの伝説

  • 絵本
作: 柳家 喬太郎
絵: ハダ タカヒト
編: ばば けんいち
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年10月28日
ISBN: 9784251095022

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシリーズです。「子どものころって、おかしな都市伝説がいっぱいあったよね? たとえば口さけ女とか」…昔を懐かしんで、おさななじみと話をしていたとき、ふと読みかえした父親の日記から、伝説の「かぜひくなおじさん」の秘密が明かされます。大人気の噺家・柳家喬太郎が贈る新作落語の名作が、大型新人画家・ハダタカヒトのデビュー絵本として登場。

ベストレビュー

優しい父親の存在

父親の3回忌にお友達がお参りにきてくれて、そこで初めて

父親の日記を見て、「路地裏伝説」の風邪ひくなおじさんが、

おやじだったことがわかりました。父親が、こどもたちのことを

心配して起こした行動だったのです。

いつも見守っていてくれた父親の存在を改めて知るのでした。

最後に、亡くなっていてもやっぱり、子供のことが心配で現れた

のでしょうか?ちょっと気になる怖いお話でした。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柳家 喬太郎さんのその他の作品

当世落語絵本 母恋いくらげ

ハダ タカヒトさんのその他の作品

まどのそと

ばば けんいちさんのその他の作品

夢金 / だんご屋政談 / モモリン / とのさまと海 / ぬけすずめ / りきしの春



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

ろじうらの伝説

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 1
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット