もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぽかぽかすずめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぽかぽかすずめ

  • 絵本
作: 山岡 ひかる
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年11月24日
ISBN: 9784752007333

3さい〜
32ページ

みどころ

チャロ、チョコ、チュンはすずめのきょうだい。
ときどきケンカもするけれど、いつも3羽一緒です。
寒い冬の朝は、みんなで固まって暖を取り、お腹が空いたら、犬の残したご飯を失敬して、仲良く分け合って暮らしています。
なぜいつも一緒なのかというと、すずめはとても小さいので、大きいカラスや動きのすばやいネコに、いつも狙われているからです。

ある日3羽は、いつもご飯を失敬する犬が、実はわざとすずめの分を残していてくれたことに気がつきます。
「おれいを しなくっちゃ!」3羽は、犬に甘い蜜の花をプレゼントすることにしました。
せっせと花びらを集める3羽。その姿をネコがじっと狙っていて……。

このおはなしは、作者の山岡ひかるさんがケガしたスズメを13年間保護した経験から生まれたのだそうです。
切り絵のやわらかい、優しいタッチの中にも、小さい生き物たちが自然の中で生きていくことの大変さを感じることができるのではないでしょうか。
すずめたちの周りには時々ハラハラする出来事も起こるけれど、3羽一緒にいる姿を見ているだけで、暖かい気持ちになれる作品です。

(木村春子  絵本ナビ編集部)

ぽかぽかすずめ

出版社からの紹介

すずめのきょうだいのお話。観察眼するどいチャロ、しっかりもののチョコ、のんびりやのチュンが、カラスやネコに食べられそうになったり、犬からえさをもらったり・・・。細部まで丁寧に描かれた切り絵がかわいいスズメの絵本。

ベストレビュー

実体験から

作者自身の、すずめ保護体験がベースになっているようですね。
それだけに、リアリティが感じられます。
寒い冬の朝の、雀の兄弟、チャロ、チョコ、チュンのエピソード。
寒いからこそのけんかが、小雀らしくてほほえましいです。
でもそこは、自然界。
カラス、犬、猫との関係は、スリリングで考えさせられます。
雀たちと犬の交流は、とてもほっこり気分になりました。
やや複雑な関係性ですので、幼稚園児くらいから、でしょうか。
いつもながら、コラージュの絵に独特の立体感と奥行きがあり、
アングルも見事です。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎマンション
    うさぎマンションの試し読みができます!
    うさぎマンション
     出版社:くもん出版
    うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに

山岡 ひかるさんのその他の作品

はいちーず / いろいろきのこ / まねしてあそんで だっこでぎゅっ / いっしょにさわって みーんなにっこり / いろいろおすし / いろいろやさい とこやさん



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

ぽかぽかすずめ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット