話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
老嬢物語

老嬢物語

文・絵: 高楼 方子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年01月19日
ISBN: 9784030034303

中学生から一般
168ページ

出版社からの紹介

奇想天外なユーモアあふれ、不思議な幻想の世界も描く。また知性と少女性をもあわせもつ児童文学作家、高楼方子の珠玉のエッセイ。旅先で、日々の暮らしで、本や映画のなかで出会った印象深い〈おばあさん〉たち。
拠りどころに、遠い日の光景や様々な思いをユニークな視点で綴る。深く心に沁み入るものや、思わず笑える話もあり、短編集を読むようなおもしろさ。出てくる本や映画は、ぜひ読みたくなったり観たくなる、世界が広がるエッセイ集です。偕成社ホームページで2012年から2年にわたり連載したものの単行本化。

ベストレビュー

エッセイ

いろいろなおばあさんに視点をあてたエッセイです。
おばあさん好きな作者なのか変わったところに目を付けますね。言われてみると高楼方子さんの作品っておじいさんよりもおばあさんのほうが多いかも。
本や映画のおばあさん、身内のおばあさん等々。
個人的には本や映画のおばあさんについてより(出てきた作品に興味は持ちましたが)、高楼さんが会ったリアルなおばあさんたちのエピソードのほうが好きかな。あ、でも雑誌で見た一枚のおばあさんの写真から想像を膨らますエピソードは好きです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高楼 方子さんのその他の作品

ゆゆのつづき / 4ミリ同盟 / 街角には物語が・・・・・ / ポプラ世界名作童話(12) 十五少年漂流記 / 時計坂の家 / 十一月の扉



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【あすなろ書房】

老嬢物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット