話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
タンポポの金メダル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

タンポポの金メダル

  • 絵本
作: 山本 早苗
絵: 青井芳美
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年12月15日
ISBN: 9784776407294

6歳くらいから
24×18cm 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

ノボルとクダルは、山の中にたたずむバス停です。このバス停を利用するたったひとりのお客さん、アイコさんの姿が最近見えません。実は足の具合が悪くて、外出が少なくなっていたのです。ならば、自分たちがアイコさんの家の近くに移動しようと……。ユーモラスで心あたたまる絵本です。

ベストレビュー

双子のバス停の思いやり

双子のバス停のノボルとクダルは、とても優しいです。

アイコさんは、双子のバス停を利用するたった一人のお客さんで

す。アイコさんが、膝がいたいみたいで、少し歩いては、休んで

いて、長く歩くのが辛そうだと知ったノボルとクダリは、アイコさん

の家の近くまで移動しようと、毎日コツコツと努力して頑張って

移動しました。とても心優しい双子のノボルとクダリにバスをまっ

ている間にタンポポの首飾りを作ってバス停の平たい頭に、一つ

ずつかけてあげるアイコさんも優しいなあと思いました。

バス停は、金メダルをもらったよう気持ちになって、背筋をピン

と伸ばしたバス停は、優しい思いやりがあって見習いたいと

思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


青井芳美さんのその他の作品

雨ニモ マケチャウカモシレナイ / あまのじゃく



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

タンポポの金メダル

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット