ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
かばのベロニカ

かばのベロニカ

  • 絵本
作・絵: ロジャー・デュボアザン
訳: 神宮 輝夫
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

税込価格: ¥2,200

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年11月25日
ISBN: 9784835452807

A4変/32 頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

大人気絵本作家=ロジャー・デュボアザン
「かばのベロニカ」シリーズが復刻!

第1弾は、愛らしいベロニカの魅力たっぷりの1冊です。
ロジャー・デュボアザンの代表的シリーズでありながら、20年近くも手に入らなかった「かばのベロニカ」シリーズが、全3巻で復刊します!
第1弾の本作は、大きな体のベロニカが、自分のことを誰かに気づいてほしい、有名なかばになりたい、と町に繰り出すところから、お話が始まります…。
かばの仲間の中では目立たなかったベロニカですが、町では、ちょっと目立ちすぎ。行くところ、行くところで大騒動を巻き起こします!
はたしてベロニカは、どうなってしまうのでしょう? 彼女の願い通りに、“有名なかば”にはなれたのでしょうか?

とってもキュートなかばの物語を、翻訳界の重鎮、神宮輝夫の名訳でお届けします。
読めば誰もが、ベロニカのファンになるに違いありません!!

※本書は、1978年・佑学社刊『かばのベロニカ』を底本に、再編集して復刻するものです。

かばのベロニカ

かばのベロニカ

ベストレビュー

伸び伸びしたベロニカ

「有名になりたい」ベロニカ。
仲間達との居心地の良いすみかを出て、冒険の旅に出ます。目立たないかばだったのが、みんなと違う存在になりました。次々に騒動を起こしますが、「もしもし、おじょうさん」と呼ぶおまわりさんや立派なおばあさんに出会います。
立派なおばあさんは、かばのベロニカの気持ちがちゃんとわかっているんです。町で色々な経験をしたベロニカは故郷に帰りたくなります。おまわりさんや町の人達に見送られて、町とさよならしました。
ベロニカは故郷で皆に大事にされ、皆に大冒険の話をして、幸せでした。
ベロニカはきっと子どもたちの代弁者。子どもたちもこのお話の中で冒険をするんですよね。
デュボアザン作『ぼくはワニのクロッカス』に「動物を主人公にした作品は、暖かくユーモアに満ちていて、子どもたちを人生のやわらかい信頼へ導いてくれるようです。」とデュボアザンの作品を書いてありました。本当にそうですね。
ベロニカの気持ちがちゃんとわかっているおばあさんに、少しでも近づける存在に私もなりたいと思いました。
(わさんぼんさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

ロジャー・デュボアザンさんのその他の作品

英日CD付 英語絵本 がちょうのペチューニア Petunia / しばふって、いいな! / みずたまり / スノーウィとウッディ / ロバくんのみみ / つちをほらなくなったスチームショベル

神宮 輝夫さんのその他の作品

だいじなはこをとりかえせ / 2るいベースがぬすまれた?! / ペット・コンテストは大さわぎ / 小さな赤いめんどり / タマタン / フルダー・フラムとまことのたてごと


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > かばのベロニカ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

かばのベロニカ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット