宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん

  • 絵本
作: 朽木 祥
絵: 片岡まみこ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年01月13日
ISBN: 9784097266228

6歳〜12歳 20代
四六倍判・32P

出版社からの紹介

さみしいノネコのたのしいお話

山に暮らしていたノネコは、さみしくなって山をおりた。けれども、でっかい犬に追いかけられて、ノネコはびっくりして、土管の中に逃げ込んだ。その日は、まんげつの夜。それから何が起きたかというと・・・。

山に暮らしていたひとりぼっちのノネコ。ノネコは、さみしくなって山をおりることにしました。けれども、でっかい犬に追いかけられて、ノネコはびっくりして、土管の中に逃げ込みました。ところが、なんと、土管から体が抜けません。
なぜかというと、ノネコは、山で、毎日毎日お料理を用意して、お客を待っていたのですが、だ〜れもやってきません。しかたないので、ひとりで食べてしまっていたので、いつの間にか狸みたいに大きくなってしまったのでした。
土管にはまったノネコが、じたばたもがいているところに、猫たちが集まってきました。その日は、まんげつの夜。それから、なにが起きたかというと・・・・・・。

児童文学の数々の賞を受賞している朽木祥の最新作、子どもから大人まで、ほろっとする絵物語です。

猫好き画家の片岡まみこさんが、すてきな版画で、物語を描いてくださいました。

ベストレビュー

友だちできて良かったね

一人ぼっちで寂しい猫が、過食のためにタヌキ猫になってしまいました。
友だちをつくろうと山を下りてきたら、とんだアクシデントで、身動きのとれないドカン猫になってしまいました。
それから登場する猫たちの様子が滑稽です。
とても味わいのある物語。
片岡まみこさんの版画絵にもほのぼのとした思いになりました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


朽木 祥さんのその他の作品

月白青船山 / バレエシューズ / 八月の光 失われた声に耳をすませて / あひるの手紙 / 花びら姫とねこ魔女 / 光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島

片岡まみこさんのその他の作品

ぼくのネコにはウサギのしっぽ / わらいっ子 / 八月の髪かざり / みつばち



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット