新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
みずたまもようになったぞう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みずたまもようになったぞう

  • 絵本
作: あきやま かぜさぶろう アキヤマヒカル
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥880 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年12月30日
ISBN: 9784592761921

26ページ

みどころ

赤ちゃんから大人まで、指先を動かすことが脳の発達を促す、ということが定説になりつつある昨今。
特に乳幼児期は、脳の発達が著しい時期でもあります。
この時期に指をたくさん動かして色んなものに触れることで、脳が活性化するだけでなく、根気強さや我慢強さが育ち、感受性が豊かになるとも言われているそうです。

本書は、そんな脳の発達の理論に沿って、楽しみながら指先を使い、どんどん脳を活性化させましょう!という目的の絵本。

まず登場するのは、一本の木。この木を「なでなで」すると、次のページでたくさんのカラフルな実がなります。そこへ、ぞうさんがやってきました。ぞうさんが木を「とんとん」と揺らすと、次のページで、ぞうさんが可愛い水玉模様に!
そのあとも動物たちがやってきて・・・?

「なでなで」(手でなでる)「とんとん」(グーでとんとん)「ぐるりん」(指で円を描く)、3つの指の動きで絵本に触れると、ページをめくるごとに楽しい変化が起こります。この行動と絵本の展開が一致していて、自分の動きによって絵本に変化が表れたように感じられるので、お子さん自身が絵本の主人公になったようにも思えるかもしれません。
お話の中で出てくる、「ありがとう」「どういたしまして」のごあいさつの繰り返しも楽しく、まるで絵本と会話をしているよう。
楽しく遊びながら脳を活性化し、ごあいさつも学べる、一冊で三度美味しい絵本です。

(洪愛舜  編集者・ライター)

みずたまもようになったぞう

出版社からの紹介

きみの力でぞうさんやきりんさんを 
かわいいみずたまもように
してあげて!一本の木と
動物たちのおはなし。

指を動かすことは
子どもの脳にいい刺激を与えます。
集中力、器用さ、そして感性まで。
「ゆびさき育」は雑誌kodomoeの命名です。

「なでなで」「とんとん」「くるりん」と
手遊びが物語を作ります。
一人一人が主役になれる魔法のアイデア、
この楽しさをぜひお試しください。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま かぜさぶろうさんのその他の作品

1日10分で えをかくことが すきになる 2さいのほん  / 1日10分 ひとりでおれる おりがみ / おばけ漢字 おふろポスター / おばけ 漢字かるた / 1日5分 めいろであたまがよくなるほん / 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 プレゼントBOX


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > みずたまもようになったぞう

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みずたまもようになったぞう

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット