ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ヘンテコリン

ヘンテコリン

  • 絵本
作: 東田直樹
出版社: エスコアール

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784900851481

内容紹介

いつもきょうりゅうたちにいじめられてばかりのヘンテコリン。たくさんの困難を乗り越えて、新しくふみだす1歩。ヘンテコリンだって、いいじゃない。自閉症・16歳の少年、東田直樹の創作絵本。

ベストレビュー

東田さんだからこそ作れる世界を見たいな

ネットで、「すごくいい本で、読み聞かせにも毎回使っています」というコメントを読んで、読んでみたくなり、図書館で借りてきました。
作者の東田さんは自身が幼稚園児の時に自閉症と診断され、現在作家活動をしているようです。
この絵本「ヘンテコリン」も自閉症の子どもを具象化したキャラクターのようです。
イモリのようなミミズのような体系、カラフルで愛嬌のある姿をしています。

絵の描き方は独特てユニークです。特に
「ここにいるのは ぼくひとり
 みんなは どこに いったのだろう。……」のページのヘンテコリンの絵は印象的でした。

伝えたいことのきっかけとして『自閉症』であるがために伝えたい世界がある。というのはすごくいいのですが、
そのことに問われすぎた世界観を作るのではなくて、自閉症という個性を持つ東田さんにだからこそ作れる絵本の世界というのが見たいなと、思いました。

自閉症に理解のある人がこの作品を読めば、得るものはたくさんあると思います。
ですが、普通に当番で小学校の教室に入って、この手の内容の作品を読むのは、聞き手に理解を敷いている気がするので、常時おススメするというより、状況に応じて使ってみるのがいいかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

ヘンテコリン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット