もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
スギナ屋敷のオバケさん オバケ屋敷にお引っ越し
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

スギナ屋敷のオバケさん オバケ屋敷にお引っ越し

  • 児童書
作: 富安 陽子
絵: たしろ ちさと
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年03月14日
ISBN: 9784865490626

小学校中学年から
A5判・118頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

グリーンのベレー帽がトレードマークのオバケさん。
オバケさんは、「オバ ケンイチロウ」という名前からオバケというあだ名で呼ばれているだけの、れっきとした人間。
そして彼は、町の有名な料理研究家でもあります。

あるとき、テンテル山にある古い洋館が売りに出されているのを知ったオバケさんは、広いキッチンに惹かれてそこに越すことにしました。
緑色の屋根を見て、オバケさんは大喜び!
「ぼくと、おそろいだぞ!」
その屋敷をすっかり気に入ってしまいました。
ところがそこには、とある不思議な秘密が隠されていたのです。

みどころは、オバケさんの作る料理と洋館の描写!

森にたたずむ広い洋館の様子がとてもていねいに記されていて、新しく始まる日常への期待や、屋敷に隠された秘密へのわくわくにリアリティを持たせており、ぐいぐいと物語世界に引き込まれていきます。
また、オバケさんの作る料理はシンプルで親しみやすく、加えてその描かれ方も詳細なので、味をイメージしやすいものばかり。
その臨場感はあたかも香りも感じられるかのようで、気づけばオバケさんやその仲間たちと食卓を囲んでいるような気分になってしまいます。

ところで、お化けと聞くとユーレイを想像する方も多いと思いますが、この作品におけるお化けとは字のごとく、「化けるもの」のこと。
登場するキャラクターは、とある理由で「人に化ける力」を持ったものたちです。
そんなアイデアだけでも奇抜なのに、その思いもよらない正体と相まって彼らは強烈に個性的!
特に、表紙にいる謎の白いもこもこ……。
いかにも「お化けでござい」という彼の正体には、その妙な説得力にくすりとさせられますよ。

まだまだ、ひと騒動もふた騒動もありそうな予感をはらんだ、はじまりの物語。
オバケさんとその仲間たちがこれからどんな日常を送るのか、とても楽しみになるオススメの一冊です。

(堀井拓馬  小説家)

スギナ屋敷のオバケさん オバケ屋敷にお引っ越し

出版社からの紹介

オバケさんは、オバケではありません。
名前が尾羽健一郎、だからみんなからオバケさんと呼ばれています。オバケさんは、有名な料理研究家なのです。
オバケさんは、スギナ屋敷という山の中の古い一軒家に引っ越しをしました。でも、オバケさんは知りませんでした。その家がオバケ屋敷だってことを…。
オバケさんがスギナ屋敷で出会ったのは、タヌキが化けた女の子のタヌダちゃんとシフォンケーキのオバケ、シフォンくん。二人はオバケさんを本当のオバケだと思い、お互いに仲良くなったのですが、正体のわからない屋敷守オバケが現れ、オバケさんを追い出そうといやがらせを始めました。さあ、オバケさん、どうするの?!

ベストレビュー

楽しいシリーズになりそうですね

たのしいお話の始まりです。
料理研究家のおば けんいちろうさんが
古いすてきなおうちを買いました。
ところが、その家は不思議なおうちでした。
最初の一日が、この最初の本で描かれています。
面白いお話ですが、出てくるお料理も美味しそう。
おばけさんのお得意のシフォンケーキの作り方も載っています。

(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

富安 陽子さんのその他の作品

童話作家のおかしな毎日 / まゆとかっぱ / ホオズキくんのオバケ事件簿(1) オバケが見える転校生! / サラとピンキーたからじまへ行く / 日本全国ふしぎ案内(3) 菜の子ちゃんとキツネ力士 / あのくも なあに?

たしろ ちさとさんのその他の作品

どうぶつ どんどん / ミミとピギーのベネチアりょこう / はなびのひ / せかいいち まじめなレストラン / きょうりゅうオーディション / スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ



大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

スギナ屋敷のオバケさん オバケ屋敷にお引っ越し

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット