くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
わたし、もうすぐ 2ねんせい!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたし、もうすぐ 2ねんせい!

  • 絵本
作: くすのき しげのり
絵: 江頭 路子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年01月20日
ISBN: 9784061332829

よみきかせ:4歳ごろから ひとりよみ:6歳ごろから
32P

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

小学校の卒業式当日をむかえたおねえちゃんと、1年生のわたし。
いつも以上に「おねえさん」って感じがして、まぶしいおねえちゃんに、「おめでとう」がまだ言えないわたし。
つい強がって、おねえちゃんにこんなことを言ってしまいます。
「そつぎょうしきのまえには、おしっこすませておくんやで」とか
「おおきいこえで、うたうんやで」とか。

おねえちゃんには「みさとちゃん、2ねんせいになったら、とちゅうでみちくさして、ちこくしたらあかんよ」
と言われます。

いつもは姉妹いっしょに通っていた、小学校までの道。
おねえちゃんが卒業してしまったら、ひとりで通うことになるのでしょうか。
みさとは、それを受け入れる気持ちになかなかなれないのかもしれません。
とうとうおねえちゃんに「おめでとう」を言えないまま卒業式がはじまり、おねえちゃんがピアノの伴奏をする場面になりました。
でも毎晩いっしょうけんめい練習してじゅんびしていたはずなのに、おねえちゃんのひくピアノは途中で止まってしまいます。
みさとは、自分のせいではないかと、心配で涙が出てきてしまいますが……。

おねえちゃんにたよっていた気持ちにさよならし、春から2年生。
1年生の黄色いぼうしにもさようなら。
小学1年生の学校行事と生活を描く「いちねんせいの1年間」シリーズ最終巻。
いよいよ進学してひとつ大きくなる誇らしさと、6年生を見送るさみしさが描かれます。
ドキドキする春の成長を、やさしい色彩で繊細に描いた絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

わたし、もうすぐ 2ねんせい!

ベストレビュー

キュンとなります!

5歳幼稚園年中さんの娘が本屋さんで手に取って来たので,一緒に読んでみました。
お話は,1年生と6年生の姉妹の卒業式の1日です。
お姉ちゃんを想う妹の心情がよく描かれていてよかったです。
姉妹ならより共感できるかもですが,キョウダイ構成に関係なく,味わい深いお話でした。
読み手も聞き手も何だかキュンとなってしまう絵本で,我が家の娘も終始真剣な表情で聞き入っていました。
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

くすのき しげのりさんのその他の作品

さやかちゃん / ひとりで えほん かいました / こうちゃんとぼく / ジャンケンの神さま / ええたま いっちょう! / はるですよ

江頭 路子さんのその他の作品

なきごえたくはいびん / あかりさん、どこへ行くの? / 夢は牛のお医者さん / おかあさんのいのり / せんそうしない / なこの夏



投票ランキング発表!受賞レビューも決定

わたし、もうすぐ 2ねんせい!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット