なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
天国にとどけ! ホームラン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

天国にとどけ! ホームラン

  • 児童書
著: 漆原智良
絵: 羽尻 利門
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年02月25日
ISBN: 9784092897472

6歳〜15歳
A5判変・144P

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

生きる勇気を持てる感動物語

3.11の震災を乗り越えて、夢を実現させた千葉清英さん親子の物語。気仙沼で被災し、家族と家と会社を失ったが、野球好きの息子を元気づけるために、バッティングセンターを気仙沼に作ろう奮起する。

2011年3月11日。家族を襲った突然の悲劇。この日、すべてが変わってしまった。ゼロからの出発。
地震の後、会社にいた家族は、車でいち早く避難したが、行方不明。千葉清英さんは、会社の後片付けをしているうちに津波にのまれ、必死に橋の欄干にしがみついて九死に一生を得る。学校に行っていた瑛太くんは、校舎が流されなかったので、そのまま避難していて助かった。
すべてを失った2人―−。
野球少年の瑛太くんを元気づけるために、隣町のバッティングセンターに連れていくドライブの間が、親子の唯一の楽しい時間だった。

公園や、学校の校庭は、仮設住宅でつぶされてしまい、野球する場所はどこにもなかったのだ。
「ぼくだけでなく、友だちもいっしょに、思いっきり野球したい」
瑛太くんの言葉に、お父さんは、街にバッティングセンターを作ろうと奮闘することになる。

2人の夢は、いつしか街の人たち、みんなの夢になっていく。
いくつもの困難を乗りこえて、夢を実現した親子の物語。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


漆原智良さんのその他の作品

かがやけ!虹の架け橋 ー3.11大津波で3人の子どもを失った夫妻の物語ー / 火のカッパ / ぼくと戦争の物語 / スワン 学習障害のある少女の挑戦 / おばあちゃんのことばのまほう / 心といのちを守る5つの童話 ぼくたちの勇気

羽尻 利門さんのその他の作品

じいじが迷子になっちゃった / わくわく!れっしゃでかぞくりょこう / 川のむこうの図書館 / ごめんなさい / 夏がきた / はなまつりにいきたい



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

天国にとどけ! ホームラン

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット