宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
地球のみえないところを のぞいてみたら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

地球のみえないところを のぞいてみたら

  • 絵本
作・絵: てづか あけみ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年12月17日
ISBN: 9784569785165

4、5歳から
225×225ミリ、32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

地球には、私たちが見ていないところ、私たちには見えていないところがたくさんあります。

 例えば、1本の木は、外からは1本の木ということしかわかりません。しかし、その中をのぞいてみると、鳥、リス、ちょうちょうなど、さまざまな生き物たちがすんでいます。

 では、地面の中はどうでしょうか。地面の中は、穴を掘らないと外からはわかりません。地面の中を地球全体という大きな目で見れば、「地殻」「上部マントル」「下部マントル」「外核」「内核」に分かれます。そして、地面の中は生き物のように動いているのです。

 では、雲の中はどうでしょうか。そこにはいろんな粒が入っています。上のほうは氷の粒、下のほうは水の粒で、下のほうの水の粒が落ちてきたのが雨です。

 このように地球には、ふしぎがいっぱい詰まっています。私たちには見えていないもののほうがずっと多いことに気づかされる絵本。

地球のみえないところを のぞいてみたら

地球のみえないところを のぞいてみたら

ベストレビュー

断面図を見て分かりやすい

地球の見えないところ。
それは地球の中だけでなく、木の中だったり、山の中、海の中だったり。
見ることの出来ない場所を覗き見る面白さが、断面図を見たり、可愛いイラストを見たりして、凄く伝わってきます。
月と地球の関係についての場面では、何故月の裏側を見ることが出来ないのかを伝えるために、私が地球の真似をしてくるくる回りながら太陽の周りを回って見せたりして、子供は月で・・・とやっていて、本と合わせて楽しむことが出来ました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


てづか あけみさんのその他の作品

はじめての なんどもかける ひらがなぶっく / はじめてのさがしておぼえるえいごのことば  / のぞいてみよう しぜんかがく みず  / 写真で見る 星と伝説 春と夏の星 / ちずでぐるり!世界いっしゅうえほん / 写真で見る 星と伝説 秋と冬の星



『チリとチリリ あめのひのおはなし』<br>どいかやさんインタビュー

地球のみえないところを のぞいてみたら

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット