ちがうちがう ちがうちがう ちがうちがうの試し読みができます!
作: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
「なんの音!?」「おばけの音!?」ちがう、ちがう。あれはね…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
たらふくまんま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たらふくまんま

  • 児童書
作・絵: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「たらふくまんま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年02月19日
ISBN: 9784772190602

小学校低学年
214mm×152mm 64ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

たらふく山の、山奥に、たらふくまんまという山男がいました。
とんでもなく大食らいの山男で、お腹がすくとふもとの村までおりて、勝手に畑の野菜を食べたり、家にあがりこんでごはんを食べたり。
何でも手当たり次第に食べてしまうので、村人は困って、山からたらふくまんまがおりてこられないように、落とし穴を掘ります。
でも、たらふくまんまときたら、自分から落とし穴に落ちて遊ぶ始末……。
悪気はないものの、村はめちゃくちゃ。村人が困るのも当然です。

たらふく山のずっと向こうにある、こんぴら山のこんぴら子という女の子は、そんなたらふくまんまに忠告します。
「おっさん、そんなに、めちゃくちゃに食べると、おなかがぱんくするよ。」
笑ってとりあわない、たらふくまんまですが、果たして、こんぴら子の言ったとおりになっちゃいます。
さあ、おなかがぱんくした、たらふくまんまはどうなったでしょう。

「11ぴきのねこ」シリーズで多くのファンをもつ馬場のぼるさんの幼年童話。
「食べすぎておなかがぱんくしそう」なんて言うことがありますが、本当にぱんくするとどうなるのか、想像するのもちょっぴりこわくておもしろい。
温かいユーモアのあるイラストがどのページにも描かれ、親しみやすく、手にとりやすい小さめのサイズの本です。

本書は「こぐまのどんどんぶんこ」シリーズの一冊。
本を読むのがちょっと苦手な子も、どんどんたのしく読めるようにと工夫された幼年童話シリーズです。
小学校低学年の子どもたちの1人読みにぴったり。絵本の次に何を読もうかと迷っているお子さんがいたら、ぜひ手渡してあげたいシリーズです。

まずは馬場のぼるさんの愉快なイラストを楽しむつもりで手にとってみてください。
そして、このひげ面でちょっとおかしな山男のことを、くわしく知りたくなったら、ぜひお話を読んでみてくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

たらふくまんま

たらふくまんま

たらふく山に住むたらふくまんまという名の山男は、大変な大食らい。腹ペコになると村に来て、勝手に村人の家のご飯を食べてしまうので、みんな大弱り。そこへ、退治してやろう、という医者が現れ・・・。

ベストレビュー

食べすぎ注意!

年長の友人が、ひげぼうぼうの友人に向かって「たらふくまんまみたい。」と言っているのを聞き、「たらふくまんまって何だっけ?」と考えていた時、この本を見つけました。
半世紀以上前の学習雑誌の連載漫画が、70年代に絵本として出版され、さらにそれが復刻されたんですね。
村の食べ物を食べ尽くすたらふくまんまですが、村の人のために力を発揮して岩を砕き、殿様に気に入られ家来になり、めでたし、めでたしです。
児童書を読み始める低学年のお子さんはもちろん、子どもの頃読んだ「たらふくまんま」が懐かしいという世代の方にもお薦めです。
(みいのさん 50代・ママ 女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


馬場 のぼるさんのその他の作品

馬場のぼる ねこと漫画と故郷と / くまのまあすけ / まあすけのぼうし / 復刻版 絵巻えほん 大型 11ぴきのねこ マラソン大会 / 馬場のぼる こどもまんが集 / ひるねのじかんです



野球ファンだけにとどまらない、人生へのエールがこめられた絵本

たらふくまんま

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット