話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
みんなでうみへいきました

みんなでうみへいきました

作: 山下 明生
絵: 梶山 俊夫
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1989年
ISBN: 9784591033357

2歳〜5歳

出版社からの紹介

どろんこあそびをしてまっくろになったいたちの子どもたちは、どろんこかいぞくになり、みんなをさそって海へとでかけます。

ベストレビュー

気持ちの良い作品

山下明生さんと梶山俊夫さんの作者コンビの作品で思い出すのは「島ひきおに」です。
こちらはテイストが違いますが、のびのびしていて、ユーモラスで、気持ちの良い作品でした。
泥んこ遊びで汚れたイタチの兄弟たちが、周りの他の動物たちと連れ立って、うみへと向かいます。
「あっほい、あっほい、あっほいほい」の掛け声のリズムが心地よくて、読んでいる自分も、さっぱりとした気持ちになりました。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子11歳、男の子9歳)

出版社おすすめ


山下 明生さんのその他の作品

バーバパパの知育あそび 新装版 バーバパパのめいろのたび / ガラスの魚 / どうだ いかすだろ! / ダッテちゃん / タヌキのきょうしつ / ハリネズミ・チコ(5) パピヨン号でフランス運河を

梶山 俊夫さんのその他の作品

かえるのごほうび 絵巻「鳥獣人物戯画」より / わらしべちょうじゃ / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / 千本松原 / におい山脈 / さるとびっき


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > みんなでうみへいきました

食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

みんなでうみへいきました

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット