季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
大判シリーズ きいちのぬりえ いとしいペット編

大判シリーズ きいちのぬりえ いとしいペット編

  • 絵本
著: 蔦谷 喜一
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年03月16日
ISBN: 9784096821114

3歳〜一般
A4判・32P

出版社からの紹介

昭和の懐かしさ満載の蔦谷喜一ぬりえ本

本シリーズの魅力である「少女の頃の幸せな記憶を呼び起こす」題材として、昭和の一時期、大人気だったスピッツ犬や猫、鳥(文鳥やニワトリもかつてはペットの定番でした)などと少女が寄り添うぬりえ画をセレクト。

累計発行部数55万部以上!
 “大人のぬりえ”ブームをつくり、牽引してきた「きいちのぬりえ」シリーズの最新刊。

昭和20〜30年代、少女たちが夢中になったぬりえ作家・蔦谷喜一(つたや・きいち)が描いたぬりえの復刻版は小学館から17冊が刊行中。

本書では数ある絵柄のなかから、昭和の懐かしいペットが描かれたぬりえをセレクト。スピッツ犬、テリア犬、おこたでぬくぬくする猫、手乗り文鳥・・・・見ているだけでも少女の頃の幸せな記憶がよみがえります。なんだか脳にも心にもいい感じ。

少女時代にきいちのぬりえを楽しんだ人。昭和レトロな雰囲気が好きな人。細かく描かれたぬりえが苦手な人におすすめです。

大判シリーズ きいちのぬりえ いとしいペット編

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 絵画・彫刻 > 大判シリーズ きいちのぬりえ いとしいペット編

『あっぷっぷのぷ〜』 すずきまみさんインタビュー

大判シリーズ きいちのぬりえ いとしいペット編

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット