いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
夏のおわり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

夏のおわり

  • 絵本
著: 長谷川 集平
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「夏のおわり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年02月20日
ISBN: 9784835453026

B5変、42頁

出版社からの紹介

戦後から70年。あの戦争は何を残し、私たちに何を伝えようとしているのか。

常に新しい表現方法を試み続ける作家・長谷川集平。
1979年に発表、1982年に単行本化した絵本に、
新たに書き下ろしたあとがきを加えた新装版がついに復刊!

友だちのお父さんが得意げに話してくれた、戦争の話。
怖い、でも思わず聞いてしまう少年さとる。
何気ない日常の中に垣間見れる、異様な空気。
彼の中には、しだい次第に狂気が積もっていく。
ダダッ ダダッ ダダッ

★著者あとがきより★
戦争を美化する巨大な嘘=狂気はぼくらの心に忍び込みます。
さとるがダダッダダッと見えない敵を撃ちながら走る先に明日があり、未来があります。その未来を、今ぼくらは生きています。

※本書は、1982年に理論社より出版された『夏のおわり』を底本に出版するものです。
(c)長谷川集平

夏のおわり

夏のおわり

ベストレビュー

戦争ごっこと戦争の記憶

終戦から70年経った今、この絵本が復刊されるのは現代への問いかけのように思います。
戦後を引きずっている頃は、戦争体験者の武勇伝と悪気のない戦争ごっこが流行り、漫画の世界にもその爪痕が残っていました。
生きているからこそ語れる武勇伝、敗戦国だからの戦争ごっこ、いつかそういう時代は遠ざかり、新たな社会危機が続発しています。
長谷川さんは決して好戦的な作家ではなく、憲法改正の議論への投石立ったのでしょうか。
作中のさとるが何を考え、どのように育っていったのか、気になりました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長谷川 集平さんのその他の作品

新装版 ピラミッド帽子よ、さようなら / すいみんぶそく / むねがちくちく / 天使がいっぱい / ぼくが弟にしたこと / あなに



絵本レビュー大賞、結果発表です!

夏のおわり

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット