話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
ひぐまのあき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひぐまのあき

  • 絵本
作: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ひぐまのあき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

晩秋の北海道の山奥、ひぐまの親子の物語。
初めてサケを捕りに行ったこぐまは、なかなかうまく捕れません。そうこうしていると、今までに見たこともない大きな金色のサケが浮かびあがり、やがて…。

ベストレビュー

夜空をゆうゆうと輝く金色の鮭

表紙の手島圭三郎の版画に魅せられてか図書館から借りてきました。美味しく熟した山葡萄の実を食べるひぐまのおやこにとても親近感が持てました。体の軽いひぐまのこは、おかあさんぐまより木登りが上手なんですね♪晩秋の夕焼けは、ちょっと寂しく思いました。夕焼けが消えて月が森を照らす頃にひぐまの親子は川岸にやってきて、ひぐまのこの初めての鮭を捕ります。「じぶんでとりなさい」とおかあさんに、一生懸命に鮭を捕まえようとしますが、捕れないとおかあさんのようにもぐったら、「つかまえたっ!」
水の中は不思議な世界を体験して鮭に近づいても逃げなかった♪大きくて立派な鮭を加えたひぐまのこは勇敢でした。どのページの版画も繊細で美しく仕上がってますが、ひぐまのこが夢で見た夜空をゆうゆうと輝く金色の鮭がとても美しくて綺麗でした♪
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

手島 圭三郎さんのその他の作品

ひとりだちする きたきつねのこども / すだつ きたのかわせ / たんちょうづるのそら / あざらしのはる / くまげらのはる / はしれ はるのゆきうさぎ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

ひぐまのあき

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット