宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
うたうとは小さないのちひろいあげ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うたうとは小さないのちひろいあげ

  • 児童書
著: 村上 しいこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年05月
ISBN: 9784062195096

四六/320ページ

出版社からの紹介

桃子は高校1年生。中学時代に親友だった綾美も同じ高校に入学したが、まもなく不登校になった。それは中学時代に体験した壮絶ないじめが尾を引いているからだったらしい。
一方、人数不足の「うた部」(短歌)に思いがけなく入部することになった桃子は綾美に対して、中学時代に起きたある事件の負い目から、高校で友達は作らないという宣言までしてしまう。
本当にこのままで良いのか悩み続ける桃子に、ある同級生が声をかけてくる。
そしてある日の放課後、うた部で短歌甲子園に出場しようという話が持ち上がって…

ベストレビュー

子どもたちにエール

村上しいこさんというと、かめきちシリーズ、「;れいぞうこのなつやすみ」など、ユーモアいっぱいの読物を描かれる作家さんというイメージでした。

この作品を読んでそんなイメージが変わりました。高校生を主人公としたシリアスなお話も書かれるのだと。

村上しいこさんの作品を勉強する機会があり、この作品に出会えてよかったと思いました。

いじめも出てきますが、短歌にかける青春小説として、今悩んでいる子どもたちにエールを贈っている一面も感じられます。

同時期に「春や春」という俳句にかける高校生の作品も出ていますので、両方読んでみるといいかも。
(はなびやさん 50代・ママ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村上 しいこさんのその他の作品

ねこなんて いなきゃ よかった / みけねえちゃんに いうてみな モフモフさいこう! / 家庭科室の日曜日 ももたろうがおおすぎる! / フルーツふれんずスイカちゃん / 夏に泳ぐ緑のクジラ / へんなともだち マンホーくん きょうふのきょだいそうじき



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

うたうとは小さないのちひろいあげ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット