くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
さいごのひみつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さいごのひみつ

  • 絵本
作: いとう ひろし
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年03月30日
ISBN: 9784097266402

3歳〜12歳
AB判・40P

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

ぼくが一年生になって初めてできたお友だち・ミリくんは、いつもこっそりと「このまちのひみつ」を教えてくれる。

「これは だれも しらない ひみつだけどね」
ミリくんが教えてくれるひみつは……

二丁目の角の犬は、本当は絶滅したはずのニホンオオカミ。飼い主の天才科学者は絶滅した生き物を次々とよみがえらせていて、もうすぐ恐竜たちがこのまちを歩き回る!とか、

三丁目の池の蛙は、魔女のお菓子を食べすぎた子どもたちで、魔女がお菓子屋のおばさんに化けて毒入りのお菓子を配り、月夜に手下を引き連れた魔女が飛んでいく!とか、

とにかく、子どもの想像力を掻き立てる、わくわくする「ひみつ」がどんどん登場します。
そんなミリくんの「最後のひみつ」とは……?
ちょっぴり切ない結末です。でもこの切なさがまた、子どもをひとつ大きく成長させるのかもしれません。

未就学児の読み聞かせでも、小学生の一人読みでも、どちらでもじっくりと楽しみながら読める内容になっています。
ミリくんが語った「ひみつ」について、「本当かなぁ?」と親子で話し合ってみるのも楽しいですね。
大人は「そんなわけないでしょ」と思うかもしれませんが、もしかしたら本当に、子どもだけが知っている「ひみつ」なのかもしれませんよ。

2016年2月に新創刊された、小学生の心に寄り添う「ぴっかぴかえほん」シリーズの1冊です。

(洪愛舜  編集者・ライター)

さいごのひみつ

さいごのひみつ

出版社からの紹介

想像の翼をひろげてくれる楽しい絵本

ぼくの住む町のだれも知らない秘密を教えてくれる友達のミリくんの、最後のひみつとは? 教科書にも載っている『だいじょうぶ だいじょうぶ』の作者・いとうひろし氏が、楽しくも切ない友情物語を描きます。

ぼくの住む町のだれも知らない秘密を教えてくれる、友達のミリくん。ミリくんと一緒なら、見慣れたいつもの学校の帰り道も、色鮮やかに見違える。そんなある日、ミリくんが教えてくれた、最後の秘密とは・・・?
いとうひろし氏の描く、楽しい想像の世界と、ほんのり切ない友情の物語。

ベストレビュー

友達は宇宙人

このお話は、実は宇宙人だった友達が自分が住んでいる街のいろいろな秘密を教えてくれるお話でした。ありそうもないお話だったのですが、うちの子は宇宙人的に見たらそう見えたんじゃない!?と言って納得している様子が面白かったです。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いとう ひろしさんのその他の作品

ルラルさんのえほん(8) ルラルさんのだいくしごと / おさるのよる / へんたこせんちょうとくらげのおうさま / もとこども / ミニブック おやすみゴリラくん(ボードブック) / ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう



世界197の国と11の地域を紹介!開いて楽しいイラスト地図

さいごのひみつ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット