しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ

  • 絵本
作: あべ 弘士
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年04月26日
ISBN: 9784097266457

3歳〜12歳
AB判・40P

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ちょっぴり哲学な動物寓話絵本

川に飛び込んで魚を捕るのが得意なカワセミと、空高く飛ぶことが得意なヒバリ。カワセミの真似をしようとヒバリは・・・? 旭山動物園の飼育員を25年つとめた作者・あべ弘士だからこそ描けるユニーク動物寓話。

動物園の飼育員から絵本作家になった作者だからこそ描ける、動物寓話絵本。生きものの生態や行動に対する確かな知識、鋭い観察眼で描かれる動物描写と、もしもこんなことがあったら・・・というユニークな空想から生まれる物語が、見

あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ

あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ

ベストレビュー

生きかた いろいろ  とりもとりどり

全頁試し読みで読みました。「生きかた いろいろ とりもとりどり」に励まされた私でした。カワセミは、ヒバリが泳げないのを笑っているけれど、
「きみが泳げないのは、それはそれでいいと思うよ。獏だって空高く飛べないもの」と、素直に相手の長所を褒めるのが上手だなあと感心しました。カワセミは、水中に飛び込んで魚を上手にとって食べれるし、ヒバリあh空高く飛ぶことが得意だし生きかたは、とりもとりどりで、人も「人生いろいろ」だなあと思いながら読みました。あべ弘士さんの生き物の観察力が素晴らしいと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あべ 弘士さんのその他の作品

手おけのふくろう / かわうそ3きょうだい とらのまき / おおきくなあれ / 雲をつかむはなし / 点字つきさわる絵本 あらしのよるに / わにのスワニー



家族みんなでワイワイ遊べるグッズが盛りだくさん!

あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.77

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット