しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ぼくのなかのほんとう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのなかのほんとう

  • 児童書
作: パトリシア・マクラクラン
訳: 若林千鶴
絵: たるいし まこ
出版社: リーブル リーブルの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 1章ためしよみする

発行日: 2016年02月24日
ISBN: 9784947581839

小学校中学年から

関連するスペシャルコンテンツ


『ぼくのなかのほんとう』 翻訳者・若林千鶴さんインタビュー


【結果発表】音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

出版社からの紹介

「ぼく」の名前はロバート。ひとりっ子だ。父さんと母さんは音楽家。家ではいつもバイオリンやピアノの練習をしている。ぼくは、兄弟がほしかったけれど、母さんたちは、犬をいっぴきもらってくれた。エリーという名前をつけた。エリーは、ぼくの親友になった。今年の夏も母さんたちは、演奏旅行で忙しい。それで、ぼくは、おばあちゃんのマッディの家へ行くことになった…。そこで過ごした夏の日々を、マッディやその友人のお医者さんのヘンリー、エリーや森の動物たちを通して、「ぼく」がぼくのなかにある「ほんとうのこと」を見つけていくものがたりです。

ぼくのなかのほんとう

ベストレビュー

ポカポカした本です

私は、海外の本に苦手意識があったので、最初母にこの本を進められたとき、私にも楽しく読むことができるだろうかと正直不安でした。ちょっとわかりにくいところもあったけど、読んだ後、心がポカポカしました。私がこの本の中で1番素敵だなと思ったところは、エリーが沢山の動物に囲まれているところです。何よりも文章がとてもきれいでした。読んでいるだけで、自分もその場所にいるような感じがして、なんだかとてもうれしかったです。
 私は、挿絵も大好きです。どの絵もとっても温かく、このお話に凄く合っていました。きっとどの世代の人でも楽しめる1冊だと思いました。

(14才の娘自身の感想です)
(アイカさん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


パトリシア・マクラクランさんのその他の作品

きょうはかぜでおやすみ / ちーちゃいチーチャ / おじいちゃんの目、ぼくの目 / 草原のサラ / 潮風のおくりもの / おじいちゃんのカメラ

若林千鶴さんのその他の作品

よるなんて…… / アンバー・ブラウンとブランディ / アンバー・ブラウンのなつやすみ / マンザナの風にのせて / ぼくと象のものがたり / アルカーディのゴール

たるいし まこさんのその他の作品

ぱんだがころんで… / いまから ともだち / おたんじょうび、もらったの / おかあさんのおべんとう / あなたこそたからもの / わすれたって、いいんだよ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > ぼくのなかのほんとう

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

ぼくのなかのほんとう

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.05

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット