ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこうの試し読みができます!
著: キリーロバ・ナージャ 絵: 市原 淳  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
どんな教室だったらたのしいと思う? 読んでみよー、考えてみよー!
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
サバンナを生きる ゾウのこども
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サバンナを生きる ゾウのこども

  • 絵本
文・写真: ガブリエラ・シュテープラー
訳: たかはし ふみこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年03月31日
ISBN: 9784198640972

小学中・高学年から
26cm/64ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

つぶらな目をしていて、穏やかで、体が大きく、賢い。
ゾウに対して持つイメージで、その「強さ」を先にあげる方は少ないのではないでしょうか。
この作品における数々の写真には、なんら暴力的な描写は用いずに、(そんな)ゾウの圧倒的な存在感と比類のないその強さが写し出されています。

ところどころで、細く背の高い木々が葉を広げる大草原。分厚い雲の塊が浮かぶ、真っ青な空を背に、一匹のゾウが地平に向かって去っていく、その一枚。

まだ夜も明けきらない早朝。大きく空を占める月の下で黒々と浮かび上がる、群れをなすゾウたちのシルエットをとらえた一枚。

子どもを襲おうと群れに近づいたライオンを追い払い、怒り冷めやらずになお、逃げ惑うライオンの後を追うゾウを正面から写した一枚。

動物園で実際のゾウを目の前に見るときにも、その迫力には驚かされるものです。
しかし、十数頭で群れをなし、目的を持って広大な草原を移動してゆくその姿からは、動物園で見るのとは違うリアルなスケール感が伝わってきます。

もちろんこの作品は、ゾウの迫力だけを伝えるものではありません。
「ゾウのこども」のタイトル通り、ゾウの出産からはじまる本作は、生まれたばかりの赤ちゃんとその群れによる、広大なサバンナの旅を追う形で展開します。
その中で赤ちゃんが見せる、かわいらしい成長の一場面を収めた写真もみどころ。

産まれたばかりの赤ちゃんゾウは、まるで人間の赤ちゃんが指を吸うようにして自分の鼻を吸います。
また、ゾウは水を飲むときに鼻で水を吸い上げてそれを口に流し込むのですが、ゾウの赤ちゃんはまだ自分の鼻をうまく扱えず、器用に鼻を使って水を飲む大人たちの間で一匹、川面に直接口をつけて飲んでしまったりも。

水場を求めて祖先たちが辿ったのと同じ道を辿り、旅をするゾウたち。
嵐を予感させるように空は暗く曇り、その間を切って日が差し込むなかを、舞い上がるサバンナの砂埃が、霧のようにゾウたちの姿をおぼろげにする―
ラストを飾る巨大なスケールの一枚に、きっと胸を打たれるはず。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

ゾウの群れが、出産するゾウを取り囲んでいます。赤んぼうが生まれると、群れのリーダーが鼻でつついて羊膜を破り、母親ゾウが、赤んぼうが立ち上がるのを長い鼻で助けます…。赤んぼうの誕生から、群れに守られながら成長していく様子を丁寧に紹介。アフリカゾウの生態がよくわかります。アフリカの野生動物保護区で撮影を続けてきたドイツの動物写真家による迫力の写真絵本。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ガブリエラ・シュテープラーさんのその他の作品

サバンナを生きる カバのこども / サバンナを生きる シマウマのこども / サバンナを生きる キリンのこども / サバンナを生きる ライオンのこども

たかはし ふみこさんのその他の作品

ライオンがいないどうぶつ園 / 空からきたひつじ / しょうぼうしょは大いそがし



>絵本エイド ―こころにひかりを―

サバンナを生きる ゾウのこども

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット