いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
「泣きやんだ!」「喜んでる!」 ママパパも大喜び! シリーズ累計185万部の大人気ロングセラー赤ちゃん絵本
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
わんぱく天国
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わんぱく天国

  • 児童書
著: 佐藤 さとる
出版社: ゴブリン書房 ゴブリン書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「わんぱく天国」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

昭和十年代、軍港として栄える横須賀市。海の見える『按針塚』が、近所のわんぱくたちのあそび場だ。めんこ、たこあげ、一銭飛行機、こままわし……、 こんなにいそがしいと、勉強なんてするひまがない!
夏休み、ついに少年たちは「人がのれる飛行機をつくる」という秘密の計画にとりかかった──。

知恵を出しあい、協力し、夢中になって遊ぶ……、そんなわんぱくたちの姿をファンタジーの名手・佐藤さとるが、自身の少年時代をもとに描いた、自伝的作品。(小学上級から)

ベストレビュー

昭和10年代の子どもたち

昭和10年代の子どもたちの姿が生き生きと描かれていて、話の面白さに引き込まれてしまいました。
作者の自伝的作品とのことですが、詳しく書かれた当時の遊びには、戦後生まれの私にも懐かしさと哀愁を感じさせられました。
今の子どもたちには異次元の世界かも知れません。
子どもたちが力を合わせ作ったのが、人の乗れるグライダー。
結束力と創造力には、今の子どもたちに伝えたい感動が有りました。
とはいえ、戦前の話の悲しさ、最後に戦争で亡くなった友と生き残った作者という図式には、経験させたくない現実感が有りました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐藤 さとるさんのその他の作品

かぜにもらったゆめ / コロボックルに出会うまで / てのひら島はどこにある / 新イラスト版 コロボックル物語 だれも知らない小さな国 / えんぴつ太郎のぼうけん / オウリィと呼ばれたころ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

わんぱく天国

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット