新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
負けないパティシエガール

負けないパティシエガール

  • 児童書
作: ジョーン・バウアー
訳: 灰島 かり
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「負けないパティシエガール」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年06月
ISBN: 9784092905733

B6/384頁

出版社からの紹介

パティシエ少女のハードでおいしい物語
SUPER!YAシリーズの新作。『靴を売るシンデレラ』の作者ジョーン・バウアーの注目の作品です。前作品は、多くの都道府県の中学生の部の推薦本にも選定されるなど大好評でした。本書も、いろいろな問題を抱えるけれども、ひたむきに頑張る女の子が主人公のさわやかな感動作品です。アメリカの各書評誌でも絶賛されています。作者ジョーン・バウアーは、アメリカのニューベリー賞オナーを受賞している人気作家の一人です。
お菓子作りの大好きなフォスターは、毎日必ずケーキを焼くことにしています。なぜって、そうすれば、いつでもどこでもおいしいものが食べられるから。ある日、ママとといっしょに家を出て、新しい生活を送ることになります。フォスターを待ち受けているのは…・? 
「学校では、いいところが全然ないおちこぼれでした。でも、料理をしているときは、世界に立ち向かえるっていう、そんな気になれたんです」と物語の中で語るフォスター。
持ち前の明るさで、フォスターは、自分の未来を切り開けるのか?
カップケーキのように甘くはないけど、心までとろけちゃうおいしい物語。

ベストレビュー

12歳の女の子のさわやかなお話し

ホープのある町に感動して、遅ればせながら、彼女の著作の一冊を読みました。12歳のフォスターという名の女の子のお話しです。
大好きだった父親がイラク戦争で命を落とし、
フォスターを大切にしてくれるママと二人で、ある事情で逃げてきて、住み着いたのが、ウエストヴァージニアのカルペパーという町でした。
この町もいくつか困った問題を抱えています。
フォスターは4歳の時からお菓子作りをしていて、パティシエの才能に恵まれています。
この才能こそが、彼女の希望の原動力です。
お話の中には素晴らしくおいしそうな、カップケーキが何種類も登場します。
この町で知り合った魅力的な人々の話や、フォスターが克服してゆく、読み書きの障害など、困難な中に、爽やかな希望の持てる作品でした。
(capellaさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョーン・バウアーさんのその他の作品

希望(ホープ)のいる町 / 靴を売るシンデレラ

灰島 かりさんのその他の作品

夜明けの風[新版] / ケルトとローマの息子[新版] / ケルトの白馬[新版] / ケルト神話 炎の戦士クーフリン[新版] / ぼくのなまえはへいたろう / 絵本を深く読む


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > 負けないパティシエガール

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

負けないパティシエガール

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット