虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
死神うどんカフェ1号店 六杯目
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

死神うどんカフェ1号店 六杯目

著: 石川 宏千花
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年05月
ISBN: 9784062694865

四六/192ページ

出版社からの紹介

中二の夏、溺れていた子どもを助けようとして、自らも命を落としかけた希子は、それ以来心を閉ざしてきた。だれとも関わりを持たないように。将来の夢など見ないように。
そんな希子の前に、「死神うどんカフェ1号店」があらわれる。どこか世慣れない店長と、男子ふたりが開店したそのうどんカフェには、なぜか三田亜吉良、自分を助けるために川に飛びこみ、意識不明の重体のまま眠りつづける元クラスメイトの姿があった。
妙に人間くさい死神たちと、半死人となってよみがえった元クラスメイトの少年と過ごす時間の中で、自分らしく生きることができずにいた少女はどう変わっていくのかーー。

ベストレビュー

死神たち

希子の命を助け、意識不明のまま2年眠り続ける亜吉良。
希子は自分を責め、進学先を変え、友達を作らず、楽しみを避け…といった生きているけど死んでいる生活を続けます。
そんな亜吉良がうどん屋で働いているところを希子は見つけます。
亜吉良も希子もいいこです。半死人の亜吉良ですが生き返って、2人とも幸せになってくれるといいなー。
うどんのおいしさに打たれ、死神をやめ、うどん屋を始めた元死神と彼を慕う現死神たちの姿も!?
死神ですが人間くさいです(笑)。
元死神の九嵐もいい人っぽいですが、何を考えているのかな?と思うところも。
今後どうなっていくのかな。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石川 宏千花さんのその他の作品

わたしが少女型ロボットだったころ / 墓守りのレオ ビューティフル・ワールド / 二ノ丸くんが調査中 黒目だけの子ども / 二ノ丸くんが調査中 / 死神うどんカフェ1号店別腹編☆ / 少年Nの長い長い旅 01



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

死神うどんカフェ1号店 六杯目

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット