話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
そんなのずるいよ! タイローン

そんなのずるいよ! タイローン

  • 絵本
作・絵: ハンス・ウィルヘルム
訳: せな あいこ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784566003248

幼児〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あばれんぼう恐竜のタイローンは、いっつもゲームにかつ。だってズルしてるんだもの。もんくをいっても、タイローンはへいっちゃら。ついにおこったちび恐竜ポーランドは、ある秘密の作戦をたてた…。恐竜たちのユーモラスなお話。

ベストレビュー

ずるばっかりしていると・・・

「ずーっとずっとだいすきだよ」の作者、ハンス・ウィルヘルムの作品です。
タイローンは、つよくてあばれんぼうの恐竜。
ちび恐竜のポーランドをはじめ、友達はみんな手を焼いています。
ゲームをすれば、ずるをして勝って、景品をもらって平気な顔(今の大人社会にもいるかも…)。
そして、宝探しの宝を独り占めにしようとして…。
悪いことばかりしていると「バチ」があたるんだよ、という昔ながらの教訓です。
同じシリーズの「タイローンなんかこわくない」では、ポーランドの機転で、タイローンが懲らしめられますが、こちらは「天罰」(かな?)

多分、バチがあたっても、タイローンの「あばれんぼう」は治らないだろうし、
それでも恐竜たちは友達であり続けるのだろうし、
ポーランドたちも、その中で、だんだんと対抗できる力をつけていくのかもしれません。

娘は「タイローン、嫌い!」ときっぱり。
まだまだ単純です。
(わらはべさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ハンス・ウィルヘルムさんのその他の作品

タイローンなんか こわくない / ずーっとずっとだいすきだよ / ぼくたちまたなかよしさ!

せな あいこさんのその他の作品

エリンと まっくろ岩の ひみつ / 青のなかの青 / この まちの どこかに / フォックスさんの にわ / まほうのさんぽみち / あおい ちきゅうの いちにち ―うみ―


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > そんなのずるいよ! タイローン

『たんぽぽのちいさいたねこちゃん』なかやみわさんインタビュー

そんなのずるいよ! タイローン

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット