話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おばけやさん(6) はじめてのおみせばんです

おばけやさん(6) はじめてのおみせばんです

  • 児童書
作・絵: おかべ りか
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年05月17日
ISBN: 9784034396605

小学校低学年から
87ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

こちらはおばけやでございます。当店のおばけが、おるすばんや、あかちゃんのおもり……といったちょっとしたおてつだいから、人間にはできないような大きなしごとまで、なんでもおひきうけいたします!  今回おばけやに依頼があったのは、お店番のしごと。お店番ははじめてのたもつとおばけは、ちょっぴりドキドキしつつ、なんとかお客さんの相手を務めます。もうあとすこしで仕事も終わり、というときに現れたのは、困ったお客さんでした。たもつ、大ピンチです……! 

ベストレビュー

ほのぼのします

シリーズ6ですが、初めてこのシリーズを読みました。たもつがおばけや人間みたいなうさぎと暮らしている理由がよく分からず、1巻から読めばよかったと本当に後悔しました(苦笑)。ただ、そこの点を深く気にしなければ、十分に楽しめるお話でした。小瓶に入ったかわいいおばけに癒されます。本の字は少し小さいので、ページ数からすると結構ボリュームがありそうでしたが、イラストや四コマ漫画みたいな部分が多かったので、意外と早く読み終えることができました。低学年の子でも自分で無理なく読めると思います。
(花ズッキーニさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

おかべ りかさんのその他の作品

やまんば妖怪学校 1 こいぬのクンは一年生 / よい子れんしゅう帳 / しゃぼんだま ぷわん / おばけやさん(7) てごわいおきゃくさまです / トイレのてんしちゃん / おばけやさん(5)よるのがっこうでおしごとです


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > おばけやさん(6) はじめてのおみせばんです

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【あすなろ書房】

おばけやさん(6) はじめてのおみせばんです

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット