新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
霧のなかの白い犬

霧のなかの白い犬

  • 児童書
著: アン・ブース
訳: 杉田 七重
絵: 橋賢亀
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年03月18日
ISBN: 9784251065728

小学校高学年以上
四六判/224ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ジェシーは毎日鬱々とていた。大好きな父は外国からやってきた労働者に仕事をとられてフランスへ単身赴任。祖母が突然飼いだした白いシェパードの子犬に、ジェシーは大喜びしたのもつかの間、祖母の認知症が悪化し、犬を愛護センターに戻さなければならなくなりそう。ジェシーは祖母のためにも子犬を世話することを決意。そして、霧の中にいるようだと訴え、何かに怯える祖母を安心させたくて、原因を調べはじめるが…。
★全国学校図書館協議会選定図書

ベストレビュー

誰でも深刻な問題を抱えて生きている

【内容】
おばあちゃんのおかしな言動に不安を覚える孫娘。不良仲間と付き合いだしてから素行が悪くなったいとこ。障害を持っている友人などが繰り広げる、様々な葛藤や行き違い。
現代に生きるイギリスの、学生たちや大人が抱える問題を描き出した物語。

【感想】
毎日小学生新聞に紹介されていた作品。意外と重い内容で驚いた。
現代社会が抱える様々な問題がリアルに感じられた。社会的な問題も、個人としての問題も、すべてが解決不可能のように思われて、途中で(あまりにも読み進めるのが辛くて)投げ出してしまおうと思ったが、気を取り直して最後まで読み切った。
不良グループと付き合いだしてから、素行が悪くなったいとこ(女の子)とのやり取りや、友達や家族とのやり取り。主人公の少女と一緒に思い悩んだ。現実は甘くはない。児童書というジャンルにしておくだけではなく、あらゆる年代の人に読んでいただきたい物語だった。

この話を読んで、戦争や、あらゆる人権侵害が本当になくなってほしいと、心から思った。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


杉田 七重さんのその他の作品

ブラックホールの飼い方 / 角川つばさ文庫 ラプンツェル あたらしい冒険 / 秘密のノート JELLY / モリー、100匹の猫を見つけた保護犬 / グレタのねがい 地球をまもり 未来に生きる / ぼくの帰る場所

橋賢亀さんのその他の作品

赤の王 / 白の王 / 青の王 / 水妖の森


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > 霧のなかの白い犬

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

霧のなかの白い犬

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット