話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
まだかなまだかな

まだかなまだかな

  • 絵本
作: 竹下 文子
絵: えがしら みちこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥980 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

  • Line

作品情報

発行日: 2016年04月
ISBN: 9784591149690

0〜2歳
20cm x 19.5cm 27ページ

みどころ

ねこのこどもがまってます。
まだかな まだかな
「おかあさーん」
「はーい」
きたきた、おかあさん きた。
ねえねえ、あそんで あそんで。

コアラの子、あしかの子、アヒルの子、
みーんな待っているの、おかあさんを。
そしてあたしも…。

「まだかな」とつぶやく子どもたちの、待ちきれない気持ち。戻ってきたお母さんの「はーい」という、それだけで安心感できる言葉。どちらにも、一緒に居られる時間を心待ちにする、あたたかい親子の愛情があふれています。
声に出して読むと、ゆったりとしたリズムで進みます。竹下文子さんの文章がとても心地よい絵本です。読んであげるお母さんも、おだやかな気持ちになれそうですね。
えがしらみちこさんのイラストは、繊細な水彩タッチで、透明感ある色合い。見ているだけでふんわりやわらかい気持ちになります。見どころは、動物の子どもたちや女の子の、もう待ちきれないという表情です。お母さんがお迎えに来た時のほっとした笑顔に、お母さんの存在の大きさが感じられますね。忙しいお母さんたちにも、そして、一生懸命に待つ子どもたちにも、この絵本を読んで、ほっこりした気持ちになってほしい、作者のそんなやさしい想いが感じられます。
待ちに待って、ようやくお母さんが戻ってきた時の幸せな気持ちがいっぱいつまったこの作品、ぜひ親子で一緒に楽しんでくださいね。


(長安さほ  編集者・ライター)

出版社からの紹介

まだかな、まだかな。お母さん、まだかな。くるかな、くるかな。もうすぐくるかな。こどもとお母さんの幸せな幸せなお約束。

ベストレビュー

読むと子供が、飛び付いてくる本

絵本では定番の動物の親子がたくさんでてきて、
みんなぎゅっとだきしめあって、
みんなお母さんが大好きで、お母さんもこどものことが
大好きという内容ですが、
とにかく絵がかわいい!猫が大好きな娘は
最初のページで大興奮。柔らかくあたたかく愛らしい
親子たちに自然にみんなが笑顔になります。
息子は、人間の親子のページに大満足。
この本を読むと必ず飛び付いて抱きついてきます。
女の子が遊んでるおもちゃが、前のページまでに
でてきた動物たちというところも、すてきです。
女の子の名前が特にきまってなく「こども」と
なっていて、最初はドライな印象を受けましたが、
それぞれの家庭で、感情移入しやすいように
なっていていいなと、あとからおもいました。
こどもたちに無条件の愛情、安心感を与えてあげれたら
と改めて思わされました。
(こりこりこさん 30代・ママ 男の子4歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

竹下 文子さんのその他の作品

トリケラトプスのなんでもないいちにち / ティラノサウルスのはらぺこないちにち / 大型読みきかせ絵本 せんろはつづく まだつづく(全1巻) / まじょのむすめワンナ・ビー / 『黒ねこサンゴロウ』うみねこ島の船乗りの冒険 / なんでもモッテルさん

えがしら みちこさんのその他の作品

さわって さわって / だれだれ? ハロウィン / あいちゃんのひみつ ダウン症をもつあいちゃんの、ママからのおてがみ / いろいろおてつだい / まほうの絵本屋さん ようこそ海へ / 手紙 ふたりの奇跡



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

まだかなまだかな

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット