新刊
バムとケロのカレンダー2023

バムとケロのカレンダー2023(文溪堂)

2023年も毎日バムとケロと一緒!

新刊
家守神(3) 金色の爪と七不思議

家守神(3) 金色の爪と七不思議(フレーベル館)

拓の小学校で怪事件発生!?

  • 笑える
  • 盛り上がる
妖怪バス旅行

妖怪バス旅行

  • 絵本
作: 広瀬 克也
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年04月
ISBN: 9784871103503

28頁 220×240mm

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

大人気妖怪絵本シリーズ第6弾!今回は、妖怪横丁の妖怪たちがバス旅行に出かけます。
「運転手はにがわらい、バスガイドはくちさけてるこで〜す。」かいぶつマンションの横を通り、ごくらくやまやかいじゅうランドを車窓に見ながらどんどん進みます。
目的地はなんと・・・。
記念のおみやげもありますよ。

ベストレビュー

色遣いがあでやか

妖怪絵本を探していてふと手に取りました。
シリーズでたくさん出ていることも知らず
人気があるんだなと思いました。
色遣いがあでやかで、子供の目をひきつけますね。
画面全部が真っ赤になるところなど
絵本の展開への工夫が感じられました。
妖怪がバスで移動して景色が変わるっていうような
展開の絵本って、結構ありますし、
西村繁男さんと比べてはいけないような雰囲気もある中、
独自の世界を持っているシリーズだと思いました。
(はっしゅぱぴーさん 40代・ママ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本



みんなで参加しよう!えほん祭

妖怪バス旅行

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット