虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
知らない子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

知らない子

  • 絵本
詩: 宮澤 章二
絵: 駒宮 録郎
出版社: 国土社 国土社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「知らない子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年01月
ISBN: 9784337247604

小学校低学年〜高学年
B5変型判82ページ

出版社からの紹介

知らない子/うめの花/めっめっめっ/ひばりのかあさん/はるをつまんで/くうき/子ぐまが二ひき/他28編。

ベストレビュー

四季折々の一コマが見えます。

『現代日本童謡詩』第10巻は宮澤章二さんの詩集です。
この詩集に入っている詩で童謡になっているのは、
「よる」と「すずむしのうた」でした。
残念ながら、私はこのどちらも知りませんでした。

宮沢さんの詩は四季折々のちょっとした一コマを描かれているものが多く、季節の花や鳥・虫たちがよく登場しています。
私はここに紹介されている詩の中では
「はるをつまんで」が一番好きでした。
とてもかわいい詩です。

みなさんはどの詩が好きですか?
ぜひ一度手にとて音読してみてください。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮澤 章二さんのその他の作品

ジングルベル

駒宮 録郎さんのその他の作品

復刊絵本セレクション 2 かしのきホテル / シリア砂漠の少年 / かぜのまち



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

知らない子

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット