新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
なみだは あふれるままに

なみだは あふれるままに

  • 絵本
文: 内田 麟太郎
絵: 神田 瑞季
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年02月24日
ISBN: 9784569783826

4、5歳
B5判変型・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

著者の一人・神田瑞季さんは15歳の時に、故郷・宮城県女川町で東日本大震災に遭遇しました。その後神田さんが描いた震災関連の絵が女川町の震災復興絵はがきとなり、話題を呼びました。

 本書は、内田麟太郎さんの優しい詩とその内容に寄り添った神田さんの絵から成る、宮城県女川町を舞台とした震災関連の絵本です。震災後、実際に目の前に広がっていた風景と、震災後のショックで心を閉ざした少女の心象風景が描かれています。

 この絵本は、震災を経験した人にも、そうでない人にも、誰にでも優しく語りかけてくれます。子どもはもとより、大人も読める内容です。

 巻末には、著者二人の対談「あとがきに代えて」を掲載しています。そこでは、著者それぞれがどのような思いでこの絵本に取り組んできたのか、この絵本を通して何を伝えたかったのか、などといった制作秘話が語られています。

 構想から4年を経て完成した一冊!

ベストレビュー

知っておいてほしい

私の知識では偏見や
間違った情報を与えてしまうかもしれないので
震災の絵本も一つの問題、
戦争や貧困、差別などと同じで
知っておいてほしい内容として
子どもたちにも読んでいます。

人の心は見えないし、
相手がどんな気持ちを抱えているかも
分からない分、
安易に同情できないし、
共感もできない分、
難しいなあと思いました。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 麟太郎さんのその他の作品

大どろぼうジャム・パン のらねこギンジロウ / 紙芝居 よわむしさんぺい おばけたいじ / へんかしら そうかしら / なまこのぽんぽん / たまたま たまご / 大どろぼう ジャム・パン すてねこマリリン


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > なみだは あふれるままに

今月の新刊&オススメ絵本情報

なみだは あふれるままに

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット