くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ねこどけい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねこどけい

  • 絵本
作: 岸田 衿子
絵: 山脇 百合子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年04月25日
ISBN: 9784834082333

3才から
28ページ

出版社からの紹介

ことちゃんの家には鳩時計があります。猫のねねこは、いつも鳩時計の鳩と遊びたくてたまりません。ある日「くくう」と出てきたところにちょっかいを出して、時計を壊してしまいました。でも、ことちゃんが時計屋さんで直してもらって、おまけにねねこに小さな家をもらいました。ねねこは、鳩時計の鳩と一緒に家を出たり入ったり。かわいい猫時計になりました。思わずくすっと笑ってしまう幸せな日常のひとこまを描きます。

ベストレビュー

やまわきゆりこさんの絵、大好き☆

ぐりぐらやいやいやえんでおなじみの、やまわきゆりこさんの絵。
とっても暖かくて大好きです。
表紙を見ただけで、「あっまだ読んでない絵本あったんだ!」と思い、
すぐに手にとりました。

娘もピンと来たのか大喜び。
大好きなねこが、はとどけいのハトと遊びたくて、
でもハトを壊しちゃうかわいらしさに、とってもキュンとします。

お母さんも主人公の女の子もとっても暖かいキャラ。
娘と一緒に読めてよかったです☆
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岸田 衿子さんのその他の作品

赤毛のアン / かぐ、あじわう / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / みんな にげた / さんぽ だいすき / おいしいものつくろう

山脇 百合子さんのその他の作品

はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに / みかん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 9> / いちくん にいくん さんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 1> / うさぎのにんじん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 5> / 狐物語 / 角川つばさ文庫 25の小さなおはなし



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

ねこどけい

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット