かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかんの試し読みができます!
作: ふくいりえ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
登場人物が飛び出てくる!? 不思議な図書館のものがたり、はじまります!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
むかし日本狼がいた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

むかし日本狼がいた

  • 絵本
文・絵: 菊池 日出夫
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年04月25日
ISBN: 9784834082579

子どもからおとなまで
40ページ

出版社からの紹介

「この辺りにも狼がいたずら」。この絵本は、江戸時代を舞台にニホンオオカミの生態や人間との関わりなどを描いています。絶滅して100年余り経ったニホンオオカミは、古来、文字通り、「大神」として崇められていました。動物の頂点に立ったオオカミの絶滅は、自然環境にもたらした影響が非常に大きいといわれています。絵本でよみがえった幻のニホンオオカミのさっそうとした姿は、いつまでも子どもたちの心に残ることでしょう。

ベストレビュー

日本狼

やっぱり怖がりの私は、日本狼は怖いと思いました。男山の黒狼と女山の赤狼が出会って、3匹の可愛い赤ちゃん狼が生まれて、狼の暮らしぶりが描かれてました。狼峠で、牛と一緒に一夜を過ごすおとうに、緑いろの目が光っている狼5匹に、狼は山の神だからおらを襲わないと信じるおとうが落ち着いて対処しているのが、頼もしく思いました。昔、人も狼も熊も猿も猪も鹿も兎も鳥も、みんな山の恵みで生きていたもんだのばあちゃんの語りでした。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

菊池 日出夫さんのその他の作品

たぬきのおやき / 江戸っ子さんきちと子トキ / みんなで しいたけづくり / はと / コイ・フナの絵本 / みんなで うどんづくり



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

むかし日本狼がいた

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット