話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ごはんのじかん

ごはんのじかん

  • 絵本
作・絵: レベッカ・コッブ
訳: おーなり 由子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2016年02月03日
ISBN: 9784591148075

出版社からの紹介

ごはんいらなーい!
そんな子も ごはんのじかんが楽しみになる絵本


夢の中で遊んでいる時、ごはんはあとまわし。
「この絵本、まるでうちの子みたい」と笑ったあと、「あ! わたしも」。
そうです。大人だって何かに夢中だと、ごはんを食べそびれてしまうのでした。
親は子どもが喜んで食べてくれないと、
「おいしくないのかなあ」と、がっかりしてしまうけれど、
もしも、この本のワニやくま、オオカミたちが来たら、
きっと、こう言ってくれるでしょう。
「――そのごはん、おいしそうだねえ」って。

どんな人も、自分の時間を好きに生きるのが、しあわせ。
ちいさい子たちは、とくに。
この絵本の女の子は、食べない時も、食べたい時も、
ずっと楽しそうなのが、すてき。
「ごはんのじかん」は「楽しい」を食べる時間でもあるのです。――おーなり由子

ベストレビュー

ご飯を食べないでいたら。。

おーなり由子さんが訳をされているというので、気になって読みました。
元々はりぼんの漫画家としてご活躍されていて、今は絵本を描かれていることは知っていたのですが、訳までされていらっしゃったのですね。
お話は、子供をもつ親なら、あるある!と頷きたくなります。
ご飯って、呼んでも、子供って遊びに夢中だと全然来ないですよね。まっ、何かに熱中していたら大人も同じではありますが。
とてもかわいらしく描かれているので、これを読めば子供たちも少しはごはんの時間にすぐに席につくようになってくれるかな?
(tori.madamさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


レベッカ・コッブさんのその他の作品

せんそうがやってきた日 / あなの なかには… / ゆきが くれた おくりもの / おかあさん どこいったの? / ふたりだけのとっておきのいちにち / からっぽの くつした

おーなり 由子さんのその他の作品

どしゃぶり / こどもスケッチ / まてまてさん / こちょこちょさん / あかちゃんがわらうから / おふろで ストロー


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ごはんのじかん

『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

ごはんのじかん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット