まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
コミュニケーションナビ 話す・聞く(3)  やるぜ! ディスカッション・ディベート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コミュニケーションナビ 話す・聞く(3) やるぜ! ディスカッション・ディベート

監修: 青山 由紀
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,900 +税

「コミュニケーションナビ 話す・聞く(3)  やるぜ! ディスカッション・ディベート」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

コミュニケーションをナビするシリーズ第3巻では「ディスカッション・ディベート」を通して、話す力・聞く力のアップをはかります。相手の意見をきちんと受けとめること、自分の意見をしっかり話すことを学び、豊かなコミュニケーション生活を送ることをめざします。みんながそれぞれ自分の意見を伝えながら、だれもが気持ちよく納得できるディスカッション(話し合い)をするコツを紹介。自分の考えを一方的に伝えるだけではよいディスカッションになりません。違う考えを持つ人もふくめ、さまざまな人の考えや思いを聞き取ることが大切です。また後半では、ディベート(討論)をくわしく紹介。このゲームを通して、話し合いの力が身につくのはもちろん、相手の立場になって考えてみることで、相手の気持ちや考え方を想像することができるようになります。なお、巻末には、コピーして使える「ディベート判定シート」がついているので便利です。

ベストレビュー

今の授業ってすごい!

自分が小学生の頃の常識はもう通用しないなあと
いつも感じますが、最近のアクティブラーニングというのには
驚きます。
調べ学習だけでなく、双方向コミュニケーションみたいなことを
どんどん小学校でも取り入れていこうというような動き?なのかな?
ディスカッションもさかんに行われているなあと
授業参観でも思います。
そこで、娘にすすめてみたのがこの本。
なかなかこういうシチュエーションにならないようですが
漫画を読むだけでも参考になったようで、
今の小学生が読むには最適だと思います!
(はっしゅぱぴーさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


青山 由紀さんのその他の作品

しっているかな? きせつのことばとぎょうじ / コミュニケーションナビ 話す・聞く(2) やるぜ! スピーチ・インタビュー / 光村の国語はじめて出会う古典作品集 6 / 光村の国語はじめて出会う古典作品集 5 / 光村の国語はじめて出会う古典作品集 4 / 光村の国語はじめて出会う古典作品集 3



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

コミュニケーションナビ 話す・聞く(3) やるぜ! ディスカッション・ディベート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット