まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
二番目の悪者
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

二番目の悪者

  • 絵本
作: 林 木林
絵: 庄野ナホコ
出版社: 小さい書房

本体価格: ¥1,400 +税

「二番目の悪者」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年11月16日
ISBN: 9784907474010

A5判ハードカバー/64ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

金色のたてがみを持つ金ライオンは、一国の王になりたかった。
自分こそが王にふさわしいと思っていた。
ところが、街はずれに住む優しい銀のライオンが
「次の王様候補」と噂に聞く。
そこで金のライオンはとんでもないことを始めた――。
登場するのは動物ばかり。人間はひとりも出てきません。
けれど1ページ目はこの言葉から始まります。
「これが全て作り話だと言い切れるだろうか」

全国学校図書館協議会選定図書(小学校高学年・中学生向け)。
大人向けとしても好評です。

ベストレビュー

悪者はだれ?

誰にでも親切で信頼のある銀毛のライオンが王様に選ばれるのを阻止するため、金毛のライオンは銀毛のライオンの悪い噂を広めました。その後、悪い噂が独り歩きしていく様子や、金毛のライオンが王様になってから国が滅びていく様子が分かりやすく描かれていました。こんな風になったのは誰のせい?一見、金毛のライオンだけが悪いように感じられますが、ラストの野ネズミのセリフがハッと気づかせてくれるような展開になっていて、心情を揺さぶるような道徳的なお話でした。
(morimoriさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


林 木林さんのその他の作品

どんなふうに みえるの? / こもれび / こんなもん くえニャイ! / ダジャレーヌちゃん世界のたび(303 BOOKS) / ひだまり / ぜったい ぜったい あけちゃダメッ!!

庄野ナホコさんのその他の作品

バレエのおけいこ / しろくまきょうだいのセイウチまつり / どうぶつのかぞく ホッキョクグマ ちびしろくまのねがいごと / せかいいちのいちご / 北極サーカス / ルッキオとフリフリ おやしきへいく



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

二番目の悪者

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット