おばけのばあ おばけのばあ おばけのばあの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
絵本作家デビュー50周年! 待望の描き下ろしあかちゃん絵本最新作
二人の男子の親さん 40代・パパ

おばけもおともだちになりたい
おばけとみんなが仲良くあそんでるところ…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
うらしまたろう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うらしまたろう

  • 絵本
再話: おざわ としお
絵: かないだえつこ
出版社: くもん出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年04月15日
ISBN: 9784774324357

ベストレビュー

開けられた部屋の数は6つでした。

鳥取県で語り継がれてきた昔話を再話された「おざわとしお」さんバージョンです。
確か、「みるなのくら」も地方によって蔵の数が違いますが、
「うらしまたろう」でも、太郎が竜宮城で見た窓(扉・部屋)の数がはなしによって違っていたんですね〜。
島根ではなぜ6つだったんでしょうね〜。そこが気になりました。

ストーリーの大筋は日本人ならたいてい知っているので、要はどの昔話が一番自分にしっくりくるか、目で見た時の印象が自分のイメージに合うかが手に取るときのポイントになってくると思います。
この作品では、開けてくれた部屋の景色に太郎が感激しているのに、乙姫は「ここはまあ、これでおさめましょう」と閉めちゃうやり取りの繰り返しが昔ばなしらしくて面白かったです。

かないだえつこさんの「うらしまたろう」は版画絵で、どのページも見ごたえがありました。
どこかで見たことがあると思ったら、長谷川摂子さんの「人形の旅立ち」の本の装丁を描かれている方でした。
他にも絵本は手掛けていますが、やはり昔話が多いようです。

この作品は絵文字もはっきりしていて読みやすいので、読み聞かせなどにもお薦めできます。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おざわ としおさんのその他の作品

仙人のおしえ / 日本昔ばなし 3 とら猫とおしょうさん / 子どもとよむ日本の昔ばなし29 やまなしとり  / 子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん / 子どもとよむ日本の昔ばなし28 かめとからすとはちのおんがえし / 子どもとよむ日本の昔ばなし30 へびの子しどこ

かないだえつこさんのその他の作品

日本昔ばなし 三まいのおふだ



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

うらしまたろう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット