おすわり どうぞ おすわり どうぞ おすわり どうぞの試し読みができます!
作: しもかわら ゆみ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ぴったりのいす みつけられるかな?
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おのまとぺの本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おのまとぺの本

  • 絵本
書: だんきょうこ
イラスト: ニシワキタダシ
出版社: 高陵社書店

本体価格: ¥2,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おのまとぺの本」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年05月06日
ISBN: 9784771110175

A5変形判 40ページ コデックス装

関連するスペシャルコンテンツ


『おのまとぺの本』だんきょうこさん×ニシワキタダシさんインタビュー

出版社からの紹介

2才からの日本語エンターテイメント!

お父さん、お母さんへ
周りの絵本と比べ、なんだかちょっと静かですよね。
おとなしい色使いは、その分にぎやかに想像してほしいから。
おのまとぺとは、擬音語・擬態語のこと。
この本は、おのまとぺを想像して楽しむ本です。

日本語はおのまとぺの豊かさで知られ、
「げらげら」や「えんえん」など、
そのユニークな響きは、たちまち幼い心を明るくはずませるチカラがあります。
まるでふしぎな手触りのおもちゃみたいに。

長く愛される一冊になればと、糸かがりで綴じることにしました。
お子さまと一緒に、どうか言葉で遊んでほしいと思います。
そして、その楽しさを感じてもらえますように。

もぐもぐ、きょろきょろ、のっしのっし

さて、これってなんの音?

擬態語ってふしぎな手触りのおもちゃみたい。

おのまとぺの本

ベストレビュー

新しいタイプの絵本

おのまとぺの本と表紙にあって気になって読みました。
白黒でたしかにそんなににぎやかな感じはしないのですが、読んでみると何回もページを確認したりと夢中になってしまう不思議な絵本です。
絵本のコンセプトがとってもユニークで面白いです。
子どもも大人も楽しめる内容で、想像力がつきそうです。おすすめです!
(えりこママさん 20代・ママ 女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


だんきょうこさんのその他の作品

つけたしことばの本

ニシワキタダシさんのその他の作品

かきくけおかきちゃん / ぼくのともだちカニやまさん / えでみる あいうえおさくぶん / 浦島太郎が語る浦島太郎 / ドアのノブさん / えBOOK



みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

おのまとぺの本

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット