くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
みずたまり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みずたまり

  • 絵本
作: 殿内 真帆
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年05月19日
ISBN: 9784577043950

3歳から
25×25cm 24P

みどころ

手にとると、思わず手でなでたくなる絵本。
カバー表面に加工がしてあり、斜めにふる雨がうっすら盛り上がって手に触れます。
あざやかな赤色の建物と緑の木々、グレイの空をバックに、黄色いながぐつをはき「F」のシャツをきた男の子が目を引きます。

「F」の男の子は、ふくちゃん。
ふくちゃんが雨上がりに外へでて、おうちのまえのみずたまりにバシャバシャはいると、みずたまりがこんなことを言うのです。
「おいおい、しずかにしておくれ。
ここから いろんな ものを みているんだから。」

ふくちゃんは目をまるくしてびっくり。
「なにが みえるの?」

みずたまりは、まるで鏡。
うつりこむ空の風景や、のぞきこむ子どもたちのことを、みずたまりは答えます。

毎日ふくちゃんはみずたまりにたずねます。
「きょうは なにが みえた?」

大きかったみずたまりは、どんどん小さくなっていきます。
最後にみずたまりがみたものは?

『とけいのあおくん』『ちゃいろいつつみ紙のはなし』などの絵本作品がある殿内真帆さんの絵本。
赤、黄、青、緑など、ニュアンスのある色彩がおしゃれで目を引く作家さんです。

小さくなってしまったみずたまりをのぞきこむふくちゃん。
最後のページで逆さに吊るされた、てるてる坊主が可愛いです。
みずたまりと遊ぶのが大好きな子どもたちに読んであげてくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

雨が上がり外に出ると、大きなみずたまりがありました。水たまりは段々小さくなっていき、そしてお別れの時がやってきました。少し寂しくも、雨が待ち遠しくなるストーリー。

ベストレビュー

哲学っぽい

雨あがりに、みずたまりにバシャバシャと入ってきた子供は、
みずたまりがいろいろなものを見ている、ということに興味を持ち、
日々、みずたまりに問いかけ、
その日見たものを教えてもらいます。

動くことの出来ない水たまりでも、
多くのものを見て、感じることが出来る。
そんな哲学的な香りのする、
面白味のある内容でした。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


殿内 真帆さんのその他の作品

ぼくのなまえはへいたろう / ぼくの おおきさ / ちゃいろいつつみ紙のはなし / パンツはながれる / とけいのあおくん / おやすみ おやすみ Good Night



さがして、あそんで、ちょっとまなべる地図絵本

みずたまり

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット