新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

日本の神話 古事記えほん(2) 天の岩屋〜アマテラスとスサノオ〜

日本の神話 古事記えほん(2) 天の岩屋〜アマテラスとスサノオ〜

  • 絵本
監: 三浦 佑之
文: 荻原 規子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年06月22日
ISBN: 9784097266365

6歳〜16歳
AB判・32P

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

アマテラスとスサノオの天の岩屋の物語

日本の神話・古事記えほんシリーズ第2巻です。監修は古事記研究の第一人者三浦佑之先生、文は人気児童文学作家の荻原規子先生。アマテラスとスサノオの天の岩屋の物語を描くのは、大畑いくの先生です。

日本の神話・古事記えほんシリーズの第2巻は、有名な天の岩屋の物語です。
監修に古事記研究の第一人者三浦佑之先生、文に人気児童文学作家の荻原規子先生を迎え、一流の絵本作家さんが描く、恋あり、けんかあり、大冒険ありの神話の世界、第2弾です。
第一巻の最後で誕生したアマテラスとスサノオの姉弟のその後のお話です。
父イザナキに追放されたスサノオは、姉のアマテラスに挨拶に行くことになります。アマテラスは最初警戒しますが、スサノオに邪心のないことを知り安心します。しかしスサノオが引き起こした事件が原因で、アマテラスは天の岩屋にかくれてしまいます。太陽の神アマテラスがかくれたため、世の中は真っ暗に。神々はみなで相談してあることを思いつきます。
大畑いくの先生のすてきな絵による古事記の世界をお楽しみください

日本の神話 古事記えほん(2) 天の岩屋〜アマテラスとスサノオ〜

日本の神話 古事記えほん(2) 天の岩屋〜アマテラスとスサノオ〜

ベストレビュー

有名なお話

天の岩屋のお話は有名ですが、神様が岩屋に隠れたお話だっけなぁ程度になんとなく知っているだけで、詳しくは知りませんでした。なんとなく知っている方は一度、この本を読んでみてほしいです。
古事記に出てくる神様はみな、人間ぽくて、その俗っぽさが親しみを感じさせます。
文章も読みやすく、絵も古事記絵本にぴったりの雰囲気です。子どもが日本の昔の神様の物語に興味をもつきっかけになればと思います。おすすめです。
(じっこさん 30代・ママ 女の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三浦 佑之さんのその他の作品

改訂版 神話と歴史叙述 / 古事記の神々 付古事記神名辞典 / 出雲神話論 / 古事記神話入門 / 絵物語 古事記 / 日本の神話 古事記えほん【五】 国づくりのはなし〜オオクニヌシとスクナビコナ〜

荻原 規子さんのその他の作品

もうひとつの空の飛び方 『枕草子』から『ナルニア国』まで / 荻原規子の源氏物語 つる花の結び 上 / 荻原規子の源氏物語 つる花の結び 下 / RDGレッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴 / 源氏物語 宇治の結び(下) / 源氏物語 宇治の結び(上)


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > 日本の神話 古事記えほん(2) 天の岩屋〜アマテラスとスサノオ〜

 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

日本の神話 古事記えほん(2) 天の岩屋〜アマテラスとスサノオ〜

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット