これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ウィンクルさんとかもめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ウィンクルさんとかもめ

  • 絵本
作: エリザベス・ローズ
絵: ジェラルド・ローズ
訳: ふしみみさを
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ウィンクルさんとかもめ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784001108866

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

魚がぱったりとれなくなってしまった,ある港町.原因もわからずみんな大弱りです.そんななか,ウィンクルさんだけは,毎日おんぼろの船で海へ出つづけました.ある日,しきりに鳴くカモメのあとを追っていくと…….ユーモアあふれる人間描写,大胆な海の絵が印象的な,1961年ケイト・グリーナウェイ賞受賞作

ベストレビュー

人は見かけだけでは

図書館の岩波書店の棚で見つけたこの絵本。

見た感じ地味な感じに見えましたが、実はこんな感じの絵本に良い作品って多い気がして読んでみました。

ぼろのボートでかもめにえさをやっているウィンクルさんはいつも周りからバカにされていますが…。

人の本質は見た目だけではわからないもの。最後は本当によかったなあって思えました。

ウィンクルさんの謙虚さは、周りが変わっても変ることがないのがとてもいい感じで好感が持てました。

2006年出版ですが、図書館の本としてはあまり手に取られていない様子。この絵本の良さが伝わるといいなあって思います。

高学年の読み聞かせにもよさそうと思いました。久しぶりに息子に絵本を読んでみましたが、先が気になって聞きいってしまったということです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • えんそく
    えんそくの試し読みができます!
    えんそく
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    楽しみにしていた秋のいもほり遠足に行けなくなり落ち込むコンタに、友だちがしてくれたこととは……? 
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

エリザベス・ローズさんのその他の作品

川のぼうけん / おおきなかしの木

ジェラルド・ローズさんのその他の作品

トラのじゅうたんになりたかったトラ / それでもたまごはわれません / なんだこりゃたまご

ふしみ みさをさんのその他の作品

みーんな ねちゃった? / コレットのにげたインコ / プールのひは、おなか いたいひ / とびだせ!はなくそ はなくそゆうかいじけん / ワニをつかまえたこざるのおはなし / はなくそ だいピンチ!



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

ウィンクルさんとかもめ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット