アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
白いイルカの浜辺
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

白いイルカの浜辺

  • 児童書
作: ジル・ルイス
訳: さくま ゆみこ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年07月
ISBN: 9784566013940

A5変型/296ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

小さな港町で、カラは父さんと二人、いとこの家に身を寄せて暮らしています。母さんは野生イルカを救う活動をする海洋学者。でも母さんは遠くへ行ったまま行方不明になってしまいました。
湾内に係留されるモアナ号は、カラの父さんと母さんが補修して乗れるようにした100年前のヨット。同級生で、トロール船主の息子のジェイクは何かとカラに嫌がらせをし、モアナ号をボロ船と言ってばかにします。学校の先生は同情的だけど、母さんの生死はわからず経済的にもきびしく、学校にも居場所はなくて……。
そんなときロンドンから転校してきたのが、脳性麻痺の気難しそうな少年、フィリクス。最初の印象は最悪でしたが、フィリクスがヨットに魅せられたことをきっかけに、孤独なカラの心は少しずつ動きはじめます――。

父さんがカラの大切なモアナ号を売ろうとし、買い手候補のフィリクス親子がモアナ号を試乗した翌日、カラは浜辺で傷ついた子どもの白イルカを見つけます。傷は深く、小さなイルカを母イルカの元へ戻すことを大人は「難しい」と言います。でもカラは全身全霊で助けようとします。
一方でトロール船の底引き網漁は解禁期限が近づき、解禁になれば、湾の豊かなサンゴ礁は壊滅的になってしまいます。海の生き物もたくさん傷つきます。底引き網漁は解禁になってしまうのか。イルカは助かるのか。ぜひ本書を読んでみてください!

一見何もないけれど、もぐれば美しい海。地上では生活に苦しむ人たち。その中で、一歩まちがえれば壊れてしまいそうな家族が描かれます。ふとしたときに、ひとりぼっちの気がする思春期の子どもたちの心にすっとしみ込むかもしれません。生活のために働く父さんとだんだん気持ちが離れていく……。父さんは母さんを(家族を?)あきらめてしまったみたいに見える。でも本当にそうなのでしょうか? 親子の開いていく距離をどうにもできない、そんな場面がみずみずしく描かれます。カラだけではありません。経済的には裕福なはずのフィリクスも、父母との距離は微妙です。

大切なモアナ号、大切な海が危機に瀕している。受け入れがたい現実に、目を背けそうになるカラですが「あきらめちゃだめだ」というフィリクスの言葉に奮い立ちます。
母さんが残したビデオメッセージに映っていたのは、何だったのでしょうか。カラが失ったものは? そして失わなかったものは……?
胸が痛くなる出来事はあるけれど、さわやかな結末に救われた気持ちになります。
物語のはじめから終わりまで海の描写があざやか。ヨットで風をつかまえ、波間を走る気持ちよさを想像しながら、うねりに身をまかせたくなる物語です。

そして本書は、世界中のあちこちで絶滅の危機に瀕していると言われるイルカについて、イルカを愛する作者が描いた物語でもあります。あとがきの中の<イルカについてのびっくり知識>で、イルカをもっと知ることができますよ。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

浜辺で傷ついたイルカの子どもを見つけたカラ。この子を助けたい!……その気持ちは「海を守りたい」という思いにまで広がっていく。少女と野生のイルカを描く、感動作。

ベストレビュー

母親の不在を乗り越えて

母親の不在と、経済的逼迫に苦しむ父と二人暮らしの娘カラが、様々な困難に立ち向かいながら成長していく様が、感動的に描かれています。
傷ついて変えることのできないイルカの救出、珊瑚を傷める漁法の中止、障害者との出会い、貧困問題…、幾重もの題材が絡むので取りつきにくいところもありますが、イルカのエンジェルと母親の存在感をキーに、どんどんと読者を引き込んでいきます。
嵐の海に飛び出していく所は圧巻です。
嵐の後の興奮が静かに収まっていくような、感慨深い終結が爽やかでした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

ジル・ルイスさんのその他の作品

風がはこんだ物語

さくま ゆみこさんのその他の作品

おまつりをたのしんだおつきさま / 明日をさがす旅 故郷を追われた子どもたち / なかよしの水 タンザニアのおはなし  / シャイローと歩く秋 / ノウサギのムトゥラ 南部アフリカのむかしばなし / 岩波少年文庫 キバラカと魔法の馬 アフリカのふしぎばなし



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その8

白いイルカの浜辺

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット