うさぎのニコラス

うさぎのニコラス

  • 絵本
絵: リチャード・スキャリー
作: オーレ・リソム
訳: 木坂 涼
出版社: 好学社 好学社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年06月21日
ISBN: 9784769022237

1歳くらいから
240o×128o 24ページ

みどころ

表紙には、きのこの傘であまやどりする赤いオーバーオールのうさぎの子。
やわらかそうな耳、小さな手。なんて愛らしいのでしょう。
この本は、ちょっとこぶりな縦長の判型も可愛くて、表紙だけで一目惚れしてしまうのですが、
ページを開くと、さらにため息ものの美しさが待っています。

「はるになると はなが さく ぼくは はなを つむのが すき」
「ちょうちょうを おいかけて ちょうちょうに おいかけられて ぼくは あそぶ」

うさぎの男の子、ニコラスが、森のなかで楽しそうに遊びます。
季節が移り変わっていき、四季折々の自然の風景が描かれます。
春にはスミレ、スイセン、ハナミズキ。アゲハやシジミチョウ、たくさんの種類の蝶と遊び、夏には鳥の声を聴き、虫やカエルを眺めます。秋は紅葉、そして雪のふる冬がきて…。

作者は、アートディレクターで作家のオーレ・リソムと、世界中で愛されるロングセラー作家・イラストレーターのリチャード・スキャリー。
スキャリーはたくさんの作品の中で、子どもたちの身の回りにあるものを丁寧に紹介していますが、
この絵本でも、豊かな自然の中から子どもたちにも身近な植物や生き物をとりあげて、精密に描写しています。

原書『I am a Bunny』は1961年の出版。古びないけれど、どこか懐かしいような、クラシカルな魅力にあふれています。
どのページも色鮮やかで、季節ごとに飾っておきたくなるような美しさ。
木坂涼さんの詩のような訳も優しく、手元において時々読んで眺めたい絵本です。
ギフトにもおすすめ。雑貨や可愛いものが好きな大人の女性へ贈っても喜ばれそうですね。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

真っ赤なオーバーオールのうさぎの男の子ニコラスは、自然豊かな森で暮らしています。とっても可愛いうさぎの男の子が、森の四季それぞれの素晴らしさを、リズミカルでやさしい言葉で、教えてくれます。

ベストレビュー

春夏秋冬

うさぎのニコラスの春夏秋冬の楽しみ方を描いていて、ニコラスがとても可愛いです。春になると、花を摘むのが好き。蝶を追いかけたり追いかけられて遊ぶのが好き。夏は、丘に寝転んで鳥たちの歌を聞く。秋の落ち葉が綺麗。冬の雪のたよりも好き。ニコラスの暮らしぶりが楽しく描かれてました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


リチャード・スキャリーさんのその他の作品

おんどりあるくよ / うさぎがいっぱい / いなかのねずみとまちのねずみ / くるまがいっぱい! / おなかがすいたよジョーンズさん! / うさぎくんとママ

オーレ・リソムさんのその他の作品

I Am a Bunny (洋書) ボードブック

木坂 涼さんのその他の作品

教科書にのってるどうぶつの赤ちゃん(5) シロクマ / 教科書にのってるどうぶつの赤ちゃん(6) コチドリ / かいじゅうごっこ / 教科書にのってるどうぶつの赤ちゃん(3) シマウマ / 教科書にのってるどうぶつの赤ちゃん(4) オオアリクイ / 教科書にのってるどうぶつの赤ちゃん(1) ライオン


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > うさぎのニコラス

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

うさぎのニコラス

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット