宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
いのる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いのる

  • 絵本
文: 森崎 和江
絵: 山下 菊二
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

本体価格: ¥2,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いのる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年05月16日
ISBN: 9784835451886

小学校低学年〜
A4 40頁

出版社からの紹介

<五感のえほん>シリーズ第7弾は、『いのる』
詩人で作家の森崎和江が著した、日常の中にある“祈り”を生活者の視点で描いた、暖かなおはなし。
戦後シュールレアリスムの第一人者・山下菊二との豪華共演を存分にお楽しみください!

あきおの むらの うみの かみさまは
おんなの かみさまです
なまえは「おいわずさま」と いいます
うみの まんなかの ちいさな たかい しまに
いらっしゃるのです
とおくて ここから みえません

『いのる』という行為は、とても神聖でとても身近なものです。
宗教性がうすいと呼ばれる日本でも、私たちは知らず知らずのうちに、お祈りを日常的な行為として行っています。
本作には2017年の世界遺産の登録候補にもなっている、『神宿る島』宗像(むなかた)・沖ノ島と関連遺産群にも関連する「お言わず様」という古来からのしきたりも作中に登場しています。

いのる

いのる

ベストレビュー

シリーズ5巻の続きのお話です。

これは「五感のえほん」シリーズ7です。
「五感のえほん」シリーズ5でも紹介したように、このお話は5巻の続き、その後のおはなしになっています
。ただ、画家さんが太田大八さんから、こちらの7巻では山下菊二さんに代わり、お話全体のイメージがかなり違って見えます。

一番大きな違いは、時系列的には5巻のすぐ後の物語のはずなのですが、ひろし(5巻の主人公)や7巻の主人公のあきお(ひろしの友達)が、かなり小さな子として描かれているところでした。
だから、ひろしのお姉ちゃんの結婚式のところは何だか変な感じ化しました。

こちらの物語では
漁師の息子「あきお」が主人公で、海が荒れた日に漁に出たお父さんの無事を“いのる”ことがテーマなので、その部分はものすごく丁寧に描かれていました。
山下さんの描く海や船の絵もすごく見ごたえがありました。
何より表紙絵、素晴らしいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森崎 和江さんのその他の作品

くらす 五感のえほん5



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

いのる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット